取得がゴールじゃない!

スポーツフードマイスター資格

スポーツマイスター資格とは、スポーツ栄養の基本、毎日の献立、実践までジュニアから高校・大学生・スポーツ選手まで幅広い年代の方の栄養や食事作りの実践まで身につけた人に与えられる資格です。

より素晴らしいパフォーマンスを発揮できるように、運動面食事面休養面といった全ての部分でサポートを行います。

この記事では、スポーツフードマイスター資格取得で身につけられる学習内容を少し詳しくまとめています。

より詳細な内容は資格公式サイトをご確認ください。

スポーツをする人の体力・筋力アップをサポート

スポーツフードマイスター資格で学べることは、大きく分けて下記の3つの項目です。

  • 少しでも早く結果を出すための栄養管理
  • 体重コントロールも見据えた学習内容
  • 選手のパフォーマンスを最大限引き出せる

1つ1つ詳しく見ていきます。

少しでも早く結果を出すための栄養管理

スポーツ栄養は、スポーツ選手のコンディションを維持しパフォーマンスを向上させるのが目的です。

スポーツマイスター資格では、スポーツ選手の栄養と食事計画を立案などの知識を学びます。

エネルギー消費量を推定する

スポーツ競技や、そのスポーツ選手個人によってもエネルギー消費量は違います。

まずは、エネルギー消費量はどれくらいなのか推定し設定する必要があります。

推定エネルギー必要量は計算式から求めます。

推定エネルギー必要量=28.5(kcal/LBM)×LBM(kg)×PAL

LBMとは、除脂肪量

PALとは、身体活動レベル

スポーツ種目寝る身体活動レベル

身体活動レベルは、1日の消費エネルギー量が基礎代謝量の何倍になるかを示す数値です。

種目オフトレーニング通常練習
球技1.752.00
筋力・瞬発力1.752.00
持久1.752.5

出典:https://www.japan-sports.or.jp/Portals/0/data/ikusei/doc/k3-34.pdf

食事摂取基準と食品構成スポーツ選手は、必要な栄養量を満たす食事にするには、エネルギー量の増加によってそれぞれの食品から摂取量をまんべんなくバランスを考えて増やす必要があります。
食事摂取基準とは国民の健康の維持増進やエネルギーや栄養素の欠乏を予防、生活習慣病の予防などを目的として、栄養素の摂取量の基準を示したものです。
食品構成とは対象になる人に合わせて、日本人食事摂取基準を参考に、1日あたりに必要な栄養素の目安になるものです。

体重コントロールも見据えた学習内容

スポーツフードマイスター資格は、スポーツ選手だけの食事に役立つものではありません。

特に、体重コントロールに関して体重が気になる人にも有効な知識を身につけられます。

体重コントロールには運動・食事・生活習慣が重要

体重コントロールをするためには、適切な目標を設定し運動食事生活習慣の3つを適切に行う必要があります。

エネルギー源栄養素の過剰摂取による栄養障害を防ぐ

エネルギー源となるものを過剰に摂取することは、体重増加を招く原因になります。

スポーツ選手の体重増加の主な原因として、以下の2つが挙げられます。

  • 脂質と糖質の摂り過ぎ
  • プロテインを使ってたんぱく質の過剰摂取

食事上の体重コントロールするために、運動量から考えたエネルギー量から必要な食事献立を作成していきます。

選手のパフォーマンスを最大限引き出せる

スポーツ選手にとって、スポーツで傷んだ体の組織をリカバリーさせる必要があります。

そのために必要な食事内容を学んでいきます。

ダメージから回復する食事

目的栄養素
筋グリコーゲンの回復速度を上げる糖質とたんぱく質 ビタミンとミネラル
体に負荷をかけない食事消化吸収がいいもの

消化吸収をよくする工夫(たんぱく質)

たんぱく質は消化吸収に時間がかかり、体の負担になります。

そのために、たんぱく質の調理方法によって、消化吸収をしやすくなるような工夫をします。

調理の工夫目的
高音加熱を避けるたんぱく質の凝固を防ぐ
薄切りにする加熱時間を短くしてたんぱく質の凝固を防ぐ
ヨーグルトやすりおろした果物で詰め込むたんぱく質の凝固を防ぐ
味や食感が単調にならないようにする口当たりに変化をもたせる

試合前の気管はエネルギーが燃えやすい食事を

試合前とトレーニング前の食事は違います。

特に、試合前になると体へのダメージとともに、精神面でのダメージにもアプローチしていく必要がでてきます。

食事によって、精神的ダメージを軽減する方法も学びます。

試合前に積極的に摂取する栄養素
栄養素効果
ビタミンCストレスを軽減する
カルシウム・マグネシウムストレスを軽減する
ミネラル類・ビタミンB群緊張で便秘や下痢 目元がけいれんしやすく脚がつりやすい人に
炭水化物・ビタミンB群・コエンザイムエネルギーを燃えやすくする
コリン・レシチン・イノシトール・カルシウム・マグネシウム・ミネラルエネルギーを燃えやすくする 緊張をほぐす

スポーツフードマイスター資格で最高のパフォーマンスを

スポーツフードマイスター資格は、スポーツ選手のほかにも、体重コントロールが目的の人にとっても有効な資格です。

スポーツマイスター資格取得により、人間の体に必要な栄養素の摂取の仕方献立といったものを学びます。

あなたもスポーツフードマイスター資格で、最高のパフォーマンスへと導きませんか?

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です