取得がゴールじゃない!

幼児食資格

幼児食資格とは、子どもの成長に合わせた適切な栄養バランスを考えた献立内容を考案できる知識や、離乳食から幼児食へ変える時期に適した食材や調理方法、摂取量などの知識をもち、指導および提案出来る人に認められる資格です。

より詳細な内容は資格公式サイトをご確認ください。

バランス良く食べさせるために

子どもの成長の移り変わりはとても激しく、対応しなければならない事柄もとても多いです。

乳幼児の時期には、母乳を与え、少しずつ離乳食へと変化させ、固形物から栄養素を摂取できるように、身体に害がないかについても考慮しながら、食べ物を管理していく必要があります。

食べ物は体内に入る唯一の摂取物でもあるため、身体に直接的影響もとても多いので、より最善の注意と、正確な知識が求められることとなります。

正しい知識をもって、子どもの発達影響を考慮した食事を、栄養のバランスよく食べさせることは非常に重要です。

幼児食資格を取得することで、正しい食材についての知識と、調理方法や摂取方法についての具体的な知識が身につけられるのです。

よく食べるものだけでも元気に育ちはする

乳幼児期の時期では、全て身体の成長のために必要な栄養素となるため、大人のように生活習慣病を気にして、食べ過ぎてはいけない食べ物があるわけではありません。

特に乳幼児期には、まだ離乳したばかりということもあり、食べ物への好き嫌いもはっきりとあらわされることが多いです。

「魚しか食べない」「チーズしかたべない」「お米しか食べない」など特定の食品しか受け付けないといった事象もよく耳にすることがありますが、あまり神経質になりすぎず、子どもの意思を尊重しつつ、他の食べ物もタイミングをみて提案してみるほうがよいでしょう。

あまり無理に食べ物を取り上げ、拒否していた食べ物を与えようとしてしまうと、食べること自体に苦手意識が生まれてしまう可能性もでてきてしまいます。

よく食べるものだけ食べていても、身体は成長しようと栄養素を吸収するので、意外に元気に育つものなのです。

無理なく幼児食を続けられるように

新しいことに挑戦することがとても多い乳幼児期は、無理なく幼児食を続けられるように配慮することは、とても重要です。

まだ歯も生えそろえていない時期でもあるので、固い食材にしすぎないことや、濃い味つけにしすぎないといった、基本的な調理方法や食材選びに気を使い、献立の計画がたてられるとよいでしょう。

また作る側も、あまりにも栄養面や食材の固さを意識しすぎて、やわらかな食べ物にしてしまうと、作り続けることも大変になります。

さらに子どもの歯が固い食べ物に対して対応できなくなってしまう原因ともなるので、意識し過ぎないようにする、加減も大事です。

食あたりや食中毒・下痢を起こさせないように

乳幼児期には、まだ消化器官がうまく発達しきれていないため、食べてはいけない食べ物や、食べ方を注意しなければいけない食材が多く存在します。

無知識のまま、様々な食材を与えると、食あたりや食中毒・下痢などの症状が発生してしまい、命を落としかねないことも踏まえ、安全性には配慮が必要です。

食べ物は人の生死に直結する、とても慎重にならなければいけないことの一つです。食あたりや下痢だけでなく、アレルギーが潜んでいる場合ももちろんあります。

アレルギー反応の場合、アナフィラキシーショック呼吸困難など生死にかかわる事態にまでかかわってきます。

幼児食資格を取ることで、万が一このようなアレルギー症状があらわれてしまった場合にでも、適切なケア方法が学べるので、安心して食事の提案や子どもたちの食育の現場に立ちあえるようになるのもメリットと言えますね。

幼児食資格を取得するメリット

幼児食資格を取得することで、幼児に関連した体の構造についての知識や、幼児独特の成長に伴う対象方法、必要な栄養素と、身体の成長に合わせた摂取方法の知識が得られます。

自分に子どもができた際にも、うろたえることなく適切なタイミングでスムーズに対応が出来るようになります。

自分個人に対してのみならず、社会においても、教育現場医療機関における商品開発の知識となったり、産前産後のお母さんたちに食事方法を教える仕事を行えたり、メリットは多数あるのです。

幼児食資格で特におすすめの資格

幼児食には様々な種類があります。乳幼児期に必要となる資格から、幼児期や専門職向けなど、種類が多々あるなかで、以下の2種類の資格がおすすめの資格です。

幼児食マイスターとは、子どもの成長に合わせた献立を栄養バランスから考えて提案することができるようになり、子どもの身体の作りから必要な食事や栄養素を判断して食事の摂りかたを提案することができる資格です。

ベビーフードインストラクターとは、子どもの成長についてと、食物に関する知識を持ち、幼児に対して必要な栄養素を考えて献立として提案したり、食事の量や、運動量など健康面全体を提案ができるようになる資格です。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です