取得がゴールじゃない!

音楽療法資格

音楽療法資格は、音楽を利用した健康の維持方法について学べます。この資格を取得することでカウンセラーとして活躍できます。音楽療法を用いたカウンセリングの際は、常に相手の様子を観察しながら楽曲提案・診療を進めていく必要があります。

音楽療法資格を取得することで、以下のようなメリットが得られます。

  • 心療内科や精神科のカウンセラーになれる
  • 特別支援学級や高齢者施設に所属する人々のメンタルをサポートする仕事に就ける
  • 自分や周りの人の心の健康を、音楽の力を利用して支えられる

この記事では音楽療法の正しい進め方と、おすすめの音楽療法資格について詳しく紹介していきます。

選んだ音楽が最適かどうか確認するには

相談者の様子を観察し、適切なケアを心がける

一度勧める楽曲を選択しても、それが相手にとって最適な曲であるかは継続的に考えていく必要があります。

なぜなら、自分が「最適」と感じた音楽だとしても、相手にとっては好みでない可能性もあるためです。

その判断方法としては、相手の様子を細かに観察するというものが挙げられます。

相談者の感情の動きに寄り添いながら、今後の診療方針や提案する楽曲を検討していくことが大切になります。

音楽療法において大切なこと

音楽療法を行う場合、以下のようなコツ・注意点を覚えておく必要があります。

  • あくまでも提案にとどめ、相談者に合わせたケアを行っていく
  • 瞑想と音楽療法を組み合わせる
  • 「相談者には苦手な音楽もある」ということを理解する

これらについては、以下で詳しく説明します。

音楽の力を借りながら、相談者一人一人に寄り添ったカウンセリングを行っていきましょう。

あくまで提案・相談者に合わせるケアが大切

カウンセリングは、人の心を扱う職業です。この仕事において大切なことは、相手の気持ちを思いやり、真心を持って接するということです。

カウンセリングという仕事は、マニュアルに沿って決まったことを行う仕事とは違います。

そのため、「とりあえずこの曲を使用したら良い」というようなものはありません。

その場その場で相手に向き合い、最適解を常に見つけ出していくことが重要です。

そのためにも、自分が選択した楽曲を押し付けることなく、あくまでも提案という形で相手に届ける必要があります。

「音楽」は、あくまでも相手の心を癒す選択肢の一つ。相談者の心に寄り添いながら、ケアの手段を柔軟に考え続けることが大切です。

瞑想と音楽療法を合わせると効果的

瞑想と音楽を組み合わせるメリット

多くのヨガ教室では、瞑想中に音楽を流しています。集中力を高める音楽をかけることで、より深い意識に入っていけるためです。

このように瞑想と音楽は密接な関係を持ち、ともに心を落ち着かせる効果を持っています。

瞑想は決して簡単ではなく、特に始めたばかりの方は次から次へと湧き上がる雑念に振り回されてしまうかもしれません。

しかし流れているBGMに集中することで、いくらかスムーズに行えるようになります。

瞑想を行う際のBGMの再生は、非常に効果的です。

瞑想の効果を上昇させる音楽

瞑想の効果を高める音楽は、ゆったりとしたリズムのものが最適です。

また、歌詞が入っているとその意味を考え始めてしまうため、メロディのみのものや環境音が向いています。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • ヒーリングミュージック
  • 環境音
  • クラシック

ヒーリングミュージックとは、人間の心に安らぎを与え、リラックスさせることを目的に作られた楽曲です。

シンプルかつゆったりとしたメロディのものが多く、瞑想の導入音楽としては最適です。

次は環境音です。例としては、水の音や焚き火の音、森で聞く鳥のさえずりなどが挙げられます。

自然の音に耳を澄ますことで、安らぎやリラックス効果を得られます。

また、瞑想の際はクラシックを鑑賞することも効果的です。

クラシック音楽も集中力を上げる効果が期待されるため、瞑想を行う際には最適な音楽となっています。

苦手な音楽もあるので押し付けないこと

相談者の中には、提案した音楽が苦手と感じる方もいるかもしれません。

しかし、「この曲が合っているのだから」と押し付けては逆効果です。

人の好みはそれぞれです。もしも提案した曲が上手くマッチしなかったとしても、落ち着いて再度カウンセリングを行っていくことが大切です。

この記事では、音楽療法を行う上で大切な考え方について紹介しました。

音楽療法資格としては、以下の2つの資格がおすすめです。

人間の心理について学ぶとともに、音楽が人間にもたらす作用についても学べる資格です。

あらゆる空間における音楽の役割を学べる資格です。さまざまな環境で最も適した音楽を提供できるようになります。

この資格を取得して、音楽が持つ幅広い可能性を学んでみてください。

音楽は人の心を癒し、気分を変える力を持っています。

その力を理解することで、悩みやストレスを抱える人々を音楽の力で救えるようになります。

カウンセラーとして相談者を助けられることはもちろん、家族や友人、自分自身の塞ぎ込んだ気持ちを晴れやかにすることも可能になります。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です