取得がゴールじゃない!

メンタル心理ミュージックアドバイザー資格

メンタル心理ミュージックアドバイザー資格は、人間の心理と、心理に影響する音楽の利用方法について学ぶ資格です。音楽が持つ力を最大限まで引き出し、人間が抱えるストレスや疾患の改善に役立てます。

当記事では、メンタル心理ミュージックアドバイザー資格の学習内容、および資格の取得によって得られるメリットについて紹介していきます。

より詳細な内容を知りたい場合は、資格公式サイトも合わせてご確認ください。 

相談者に合わせた音楽を聞きやすくする

この資格では、主に人間の心理と音楽が持つ効果について学びます。

メンタル心理ミュージックアドバイザー資格の内容とその仕事について

音楽が人間の心理にもたらすさまざまな力を学んでいき、一人一人の悩みや心理に寄り添った音楽の提案が行えるようになります。

それによって音楽療法を行うスキルが身につき、音楽を用いたカウンセリングが可能となります。

その仕事をメンタル心理ミュージックアドバイザーと言います。

メンタル心理ミュージックアドバイザーは、相手の心理に寄り添う音楽を提供し、健康状態の維持を手助けすることが仕事です。

相談者とカウンセリングを進める中で、相手の心理状態にはどんな音楽が向いているか、相手はどんな音楽が好きかといった点について深く考察します。

その上で、相手の心を癒すのに最適な音楽を提案していきます。

メンタル心理ミュージックアドバイザーの勤務場所

資格を取得し、メンタル心理ミュージックアドバイザーとして働くことになった場合は、主に以下のような場所で仕事を行います。

  • 精神科、心療内科
  • 老人ホーム
  • リハビリセンター
  • デイサービス

心に不調を抱えた人や、より元気でいることを求める方々に、音楽という形でケアを行っていくのが仕事です。

そのためにも音楽や人の心理について教養を深め、一人一人と向き合った音楽の提案を行っていく必要があります。

仕事を行う上での大切な心構え

メンタル心理ミュージックアドバイザーとして人の役に立つ上で、いくつかの心構えを持っておく必要があります。

主に下記の3つのようなものが挙げられます。

  • 曲名の提案だけが仕事ではない
  • 音楽を聞かせる際には、音質などの性質的な部分にまでこだわる
  • リラックスして聞いてもらえる環境や心理づくりを大切にする

一つ一つ、詳しく見ていきます。

曲名の提案だけでは意味がない

メンタル心理ミュージックアドバイザーは、ただ曲名を提案するだけの仕事ではありません。

楽曲の提案カウンセリングを通して、相手の悩みに寄り添っていくことが仕事です。

そのため、この仕事に就くには高いコミュニケーション能力も必要となります。

相手のメンタルを考え、上手なコミュニケーションを取りながら悩みを引き出していく必要があります。

この仕事の本質は、あくまでも相手の悩みを引き出し、解決に導くことです。

楽曲の提案は、手段の一つです。相手の心に寄り添うことを第一に考え、コミュニケーション能力の向上を目指していく必要があります。

ヒーリング音楽は聞く音質でも変わる

心に寄り添うヒーリング音楽は、わずかな音質の違いでも大きな変化を与えます。

この資格ではヘッドホンやスピーカーなど、音楽を聞く手段についても学んでいく必要があります。

楽曲を提案する際には、相手の心理に届く選曲を行うのも大切です。しかしそれだけではなく、音自体の性質についても配慮する必要があります。

徹底したこだわりを持って音楽と向き合わない限り、この仕事はできません。

そういった部分まで学んでいく必要があるのが、この資格の興味深いところであると言えます。

リラックスして聞いてもらうのが大切

提案した音楽を聞いてもらう際には、相談者にリラックスしてもらうことが大切です。

落ち着いて音楽と向き合う心や、そのための空間づくりを行うのもメンタル心理ミュージックアドバイザーの役目です。

リラックスしてもらうために大切なことは、大きく分けると下記の2つです。

  • 自分を信頼してもらうこと
  • リラックスできる空間づくりを行うこと

一つ一つ、詳細に見ていきます。

自分を信頼してもらう

選んだ曲を落ち着いて聞いてもらうためには、まず自身を信頼してもらうことが大切になります。

あまり信頼を置けていないカウンセラーが選ぶ楽曲よりも、信頼できるカウンセラーが提案する曲の方が相談者も安心して聞けるためです。

そのためにも、楽曲提案の前から相談者と心の距離を近づける必要があります。

信頼関係を築くことで、提案した曲がより相手の心へ響くものに変化します。

リラックスできる空間づくりを行う

音楽を聞いてもらう環境に張り詰めた雰囲気が漂っていると、相談者も安心して音楽が聞けません。

特に医療機関でのカウンセリングは診察のような感じがしてしまい、来られたばかりの方は深い緊張感を持っています。

そういった不安感を解きほぐし、相手にリラックスして音楽と向き合ってもらうのもメンタル心理ミュージックアドバイザーの仕事の一つです。

ここでは、メンタル心理ミュージックアドバイザーとして仕事を行っていく上で大事なことを紹介してきました。

資格を取得しこの仕事を行っていく上では、下記の項目を念頭に置いておくことが大切となります。

  • それぞれの音楽が持つ効果を学び、適切な音楽の選定が行う
  • 音楽の曲調だけでなく、音質などの性質的な部分にもこだわる
  • 相手と深くコミュニケーションを取り、強い信頼関係を築く

相手に適した楽曲の選定が行えるよう、音楽が持つ効果やその種類について幅広く学んでいく必要があります。

音楽に詳しくなることはもちろん大切ですが、仕事として活かすのであれば、絶対に忘れてはいけないことがあります。

それは、相手の心に寄り添うコミュニケーション能力が最も大切であるということです。

音楽が持つ効果を学んでいくとともに、人の心理についても深く知っていく必要があります。

そのほか音楽についての教養を深められるため、趣味としても活かせるのがこの資格。

音楽が心理に与える影響について学ぶことで、自身の好きな音楽を全く違う視点から考察してみるのも楽しいかもしれません。

この記事を参考に、メンタル心理ミュージックアドバイザー資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です