取得がゴールじゃない!

音楽療法カウンセラー資格

音楽療法カウンセラー資格は、音楽の歴史やカウンセリング効果などについて学べる資格です。日常生活における音楽の重要性を知り、あらゆる空間に最も適した音楽の提案が行えるようになります。

当記事では、音楽療法カウンセラー資格を取得するメリット、およびさまざまな環境に適したBGMについて紹介していきます。

より詳細な内容を知りたい場合は、資格公式サイトも合わせてご確認ください。

生活の中に音楽を取り入れるために

現代の社会は、あらゆる音楽で満ち溢れています。

お店ではBGMが流れており、都会を歩いていると有名なミュージシャンの歌が聞こえてきます。

私たちはそういった音楽を聴くことで、テンションが高まったり、心を落ち着かせられたりします。

このように、身の回りにある音楽は人間の心理に深い影響をもたらしています。

この資格は、そういった日常生活の中にある音楽にスポットを当てる内容となっています。

音楽療法カウンセラー資格を取得することで得られるメリット

この資格を取得することで「その環境に最適な音楽を流し、最も落ち着く空間を作り出す」という能力が身につきます。

例えば、お気に入りのお店でアップテンポの曲が流れていたとします。

そのお店ではテンションが高まり、思わず色々なものを買いたくなるかもしれません。これが「その環境に最適な音楽」です。

しかし、同じ曲が病院や会社、高級なレストランにも合うかと言われると、そうではありません。

このように、「空間」にはその場その場に最も適した音楽が存在します。

この資格では、音楽が人間の心理にもたらすさまざまな効果を学びます。

その上で「あらゆる空間に最もマッチする音楽を選択するスキル」を身につけられます。

以下では、下記の3つのエリアを具体例に挙げてご紹介します。

  • 家庭内
  • 職場
  • カフェ、レストラン

これら3つの空間はどれも違う役割を持っており、それ故にマッチする音楽も違ったものになります。

こういった点を理解し、適する音楽を学んでいけるのがこの資格です。

家庭内のBGMを流しやすくする

音楽は、人の心理にさまざまな良い影響を与えます。

そのため家庭内でBGMを流すことは、自身や家族にとって良い影響をもたらします。

その効果を際立たせるためには、その空間の目的に合ったBGMを流すことが重要となります。

家庭は多くの人にとって憩いの場であることが多いでしょう。その場合は、リラックスできるBGMを流すのが最適です。

落ち着いた雰囲気のBGMが流れることによって、自宅という空間がより落ち着ける場所に作り替わります。

また、「普段はリラックスできる音楽を流す」「リモートワークの際は集中力の高まる音楽を流す」のように、行動によって流すBGMを変更することも大切です。

常にその場の雰囲気に合ったBGMを流すことで、家庭内をより良い空間にしていきましょう。

職場作業中のBGMを受け入れてもらうために

仕事中にBGMをかけると、以下のようなメリットが期待できます。

  • 従業員同士のコミュニケーションが円滑に進む
  • 従業員の集中力や生産性を高められる

以下で詳しく解説します。

従業員同士のコミュニケーションが円滑に進む

まずメリットの一つ目として考えられるのが、「従業員同士がコミュニケーションを取りやすくなる」という点です。

コピー機やパソコンの音だけが響く職場は、従業員にとって静かすぎるあまり息苦しい印象を与えます。

仕事をしている以上、職場はある程度静かであるべきです。しかし環境音しかないと、同僚や上司に質問をすることさえも憚られる空気になってしまいます。

作業の邪魔にならない程度の音楽をかけておくことで、職員同士のコミュニケーションがとりやすくなるというメリットがあります。

従業員の集中力や生産性を高められる

次に、従業員の集中力が高まるというメリットが挙げられます。

音楽にはさまざまな効果があります。心を安定させたり、生産性を上昇させたりするような効果が期待されています。

職場に適したBGMを流すことで、より高い仕事の効率化に結び付けられます。

ただし、音量や音楽の種類を間違えると逆効果になってしまうことも考えられます。

音楽療法カウンセラー資格では適切な音楽の使用方法を学び、その場に適した楽曲の選択や調整の方法についても習得していきます。

職場で流すBGMの注意点

職場でBGMを流す際は、下記の点について配慮する必要があります。

  • 日本語の歌詞が入っていない曲を選ぶ
  • あまり親しみのない曲を選ぶ
  • 同じBGMを流し続けない

詳しく見ていきましょう。

まず、職場にBGMを流す際は、日本語の歌詞が入っていない曲を選ぶ必要があります。

意味の分かる言語が流れてくると、そちらに意識を奪われてしまうためです。

また、親しみのある曲や誰もが知っている曲も避けるべきです。

メジャーなJ-POPなどが流れていると思わず聴き入ってしまい、作業に集中できなくなる可能性が考えられるためです。

そのほか、流すBGMは定期的に変えることも重要となります。

ずっと同じ場所で働き続ける以上、一日中同じ曲がかかっていては飽きてしまいます。

その日の天気や時間帯などでこまめに変更するのが良いでしょう。

ここでも曲選びは慎重に行う必要があります。

カフェやレストランの選曲にも

カフェやレストランは憩いの場所です。お客さんのリラックススペースとなるお店にとって、音楽はとても重要な役割を持ちます。

カフェやレストランにBGMを流すメリットは、以下の通りです。

  • リラックス効果がアップする
  • コンセプトを強調できる

詳しく見ていきます。

リラックス効果がアップする

カフェのようなリラックス空間にBGMを流すことは、非常に大切です。

店内が物音しかしない静かな空間だと、緊張感が生まれてしまうでしょう。

店内にBGMを流すことで、その空間に居心地の良さが生まれます。

コンセプトを強調できる

店内BGMはお店のコンセプトを強調し、雰囲気作りのサポートをする役回りともなり得ます。

例えば、ジャズや洋楽をかけることでお洒落なムードが作り出せます。

上質なイメージの店内ならば、そういった楽曲が最適でしょう。

ほかにも、そのお店が持つテーマ性に合ったBGMを流すことで、その世界観をより強める効果が期待されます。

カフェ・レストランに向いているBGM

カフェやレストランと一括りに言っても、さまざまなコンセプトがあります。

そのため、店舗のイメージに合わせた楽曲をチョイスする必要があります。

「ファミリー層をターゲットにした賑やかな雰囲気のお店」と、「ゆっくりくつろいだり勉強したり目的のお客が多い上品なお店」ではかけるべき音楽も全く違います。

前者は明るいJ-POPやアップテンポの曲が似合い、後者ならば落ち着いたお洒落な楽曲が最適といえるでしょう。

特に落ち着いた雰囲気のお店では、BGMがムード作りの上で非常に重要な要素となります。

そのお店のコンセプトや客層をしっかりと見極めた判断が大切です。

このように、空間によって向いているBGMは多様他種となります。

以上の3つの空間について、表にまとめました。

空間向いている曲
家庭内その場の目的に合わせた曲(例:憩いの場所とする場合は、リラックスできる曲)
職場日本語の歌詞が入っていない曲 あまり親しみのない曲
カフェ・レストラン店舗のコンセプトに合った曲

この空間にはどんな音楽が最適か、そういったことを一つ一つ考えていけるところにこの資格の奥深さと楽しさがあります。

この記事を参考に、音楽療法カウンセラー資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です