取得がゴールじゃない!

食育健康アドバイザー資格

食育アドバイザー資格では、食についての基本的知識を身に着け、食物が身体に与える影響を理解し、食と生活習慣病についての関係性に関する知識を活かしながら、健康的に食事を摂るためのアドバイスを行えることを証明する資格です。

より詳細な内容は資格公式サイトをご確認ください。

食材に関する知識が人を育てる

生きていくなかで、どんな生物であっても食ベ物を食べ、栄養を得ることで成長をしていきます。

つまり「食育」とは、体を作り上げる基礎となる、最も重要な知識を得ることにつながることになります。

食育の正しい知識を持つことで栄養のとれた健康的な食生活を送れることで、栄養の整った精神的にも、身体的にもバランスのとれた人間を育てることにつながります。

必要な栄養素が不足した偏った食生活は、精神面・肉体面も乱れた状態になってしまいます。

禁煙では共働きやひとり親世帯などが増加したこともあり、食材を意識した手の込んだ食事を作る機会は少なくなっており、時間の短縮を目的に、外食やコンビニ食で済ましてしまうといったような食卓も、多く見かけるようになりました。

このように、時代の流れとともに食生活を取り巻く栄養素の乱れは、大人だけでなく子供たちにも起こっています。

正しい食育知識を持つことで、子どものころから栄養素を正しく摂れるので、安定的な成長が可能になり、精神的にも穏やかで豊かな性格形成にも影響を与えられるのです。

好き嫌いしない食生活のために

子どもの頃から偏った食生活を送っていると、気づかぬうちに苦手な野菜や食べ物ができてしまい、その好き嫌いは大人になっても続いてしまうということもよくあることです。

大人になると、より自分の好きなものだけを食べるという食生活へと変化していってしまいがちです。

食材それぞれのもつ栄養素を理解し、栄養素を最大限摂取できるような正しい食べ方を知ることで、好き嫌いのないバランスのとれた食事へと改善されていきます。

自分自身の健康だけでなく、家族や友人など自分をとりまく全ての人を、健康的な食生活へと導いていけるというのも食育の知識を得るメリットなのです。

栄養バランスのよい献立を用意するために

食育の知識を得ることで、食事が生活習慣病と強い結びつきがあることが、より理解できるようになります。

日頃の運動不足食生活の乱れは、体調の乱れへとつながります。

乱れた体調にあわさるように栄養素の偏りが加わり、生活習慣病である肥満体系高血圧などの疾病へとつながっていきます。

食育の知識・スキルを体系的に得た食育のアドバイザーとなり、おいしさも兼ね合わせた栄養バランスの取れた、素晴らしい献立を作成できるようになります。

栄養素の知識だけでなく、食に関する作法や調理法までの幅広い知識を得ることで、無理のない献立の提案もできるようになります。

食事の理解を深めるノウハウを学べる

食育健康アドバイザーの資格では食物に関する知識だけでなく、食育基本法外国の食文化についての知識など、食事にかかわるあらゆる理解を深められます。

食品をとりまく栄養素を理解するだけでなく、食物の成り立ちから食べ方調理方法保管方法など、一貫した知識を深められることで、全ての行動の意味や必要性を理解され、スムーズに深めた知識を家庭の食事や、仕事などに取り入れられるのです。

深めた知識は、栄養士・管理栄養士などの関連する仕事において、現場で役立てられる知識として、評価も上げられるでしょう。

食育健康アドバイザーの資格を活かした働き方

食育健康アドバイザーは食育のプロとして、さまざまな現場で必要とされる機会があります。必要とされる場所と役割としては以下の例があげられます。

保育園や幼稚園、小中学校などの教育施設食育のアドバイザーとして、子どもたちの身体をつくる栄養素のバランスを整えるため、栄養の整った献立を作成し、食の大切さを伝える
高齢者、介護施設などの福祉系施設高齢者や疾病などの様々な事象に合わせた食事を提案し、栄養を整えた食事を提案する
飲食系業界飲食物を扱う会社で、食育知識を活かした独創的な新商品の提案や、改善案の提案

教育業界で子どもたちに寄り添った食事教育だけでなく、福祉施設や医療機関などで、疾病に合わせた健康回復のための食事療法の提案など、その活用方法は様々です。

一機関で働くだけでなく、個人的にレシピを考案したり、料理教室を開いたり、などもできる資格です。

活用場面は多岐にわたるので、自分にあった資格の活用方法を考えて楽しんで食育を広めていきましょう。

食育健康アドバイザーの資格の取り方

食育健康アドバイザー資格は、日本安全食料料理協会が試験を行っております。試験内容は以下の通りです。

受験資格特になし
受験料10,000円(税込)
受験申請インターネットからの申込
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価

2か月に一回インターネットにて在宅で受験を行うことが可能です。申込期間に注意して受験しましょう。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です