取得がゴールじゃない!

食育資格

食育資格とは、食に関する総合的な知識を身に着け、人が健康に生きるために必要な食べ物とのかかわり方を、栄養指導や調理指導として伝えていける知識・スキルがあることを証明する資格です。

より詳細な内容は資格公式サイトをご確認ください。

食材に関する知識が人を育てる

食べ物は生き物が成長するうえで、うまれてからどうしても必要な要素の一つです。

食材がもつ栄養素は様々で、栄養素の取り入れ方によって人の身体は変化し、精神的な成長も変わっていきます。食材は大きく分けても以下の栄養素にわけられます。

  • エネルギー
  • たんぱく質
  • 脂質
  • 炭水化物、糖質
  • ミネラル(無機質)
  • ビタミン
  • 脂肪酸
  • コレステロール
  • 食物繊維

食材についてだけでなく、食材がもつ栄養素が理解できることで、人の育ちかたは健康的な成長をしていけるのです。

食べ物が人にあたえる影響

人の体は、「食べ物」を食べることで、様々な栄養素をとりいれて成長し、身体の健康を維持しています。

無数にある食材にはそれぞれ違った栄養素があり、栄養素の取り入れ方によって体を美しく保ちます。

また、栄養素によって貧血が改善して精神的に安定したり、生理痛が緩和したりといったように、身体的なものに限らず精神的影響まで幅広く与えられるのです。

そして食育の知識は人間が生きる上で大切な要素の一つであるため、年齢や性別を問わず全ての人の体や精神に影響を与えられる、とても影響力の高い知識だといえるでしょう。

好き嫌いしない食生活のために

食育を考えるきっかけの一つとして、子どもの好き嫌いがよくあげられます。

子育てのなかで知らぬうちに、子どもは苦い野菜に対して苦手意識をもっていくものです。

子どものころに根付いた苦手意識は、大人になっても改善されることなく、偏った食事を続けてしまっているということも珍しいことではありません。

よく苦手としてあがってしまう野菜ですが、それぞれ体を作るためにとても大事な栄養素が含まれています。

嫌いとあげられてしまう野菜とその野菜がもつ栄養と効果をいくつか代表してご紹介します。

品名栄養素効果
ピーマンビタミンC血をさらさらにする
人参カリウム、カルシウム、ビタミンC免疫力を高める
ブロッコリーカロテン、ビタミンC、カリウム、鉄血圧を下げる

すべての食べ物に栄養と効果があることがわかります。好き嫌いせず、栄養素の偏りのない食生活をすることで、風邪に負けない健康的な体づくりを行いましょう。

栄養バランスのよい献立を用意するために

食べ物がもつ栄養素を理解することで、一部の栄養素にかたよることのない、栄養バランスがとれた献立が用意できることになります。

例えば、食卓の中に一汁三菜をとりいれたり、ビタミンを取り入れるために食後にフルーツをだしてみたりなど、考えられるレパートリーも種類が豊富となります。

自分の体調や食事を作る相手の体調、日々の生活環境に合わせて、不足している栄養素を考えながら、身体にとってバランスのとれた食卓を用意していきましょう。

食事の理解を深めるノウハウを学べる

食育の知識は食物の栄養素について知るだけではありません。

調理法として、その食材をどのように食べることでより効果的に栄養素を取り入れられるのかであったり、より栄養素を破壊せず保存する方法だったり、学ぶべき内容は多岐にわたります。

食物は花や木と同じくとても繊細で、生き物でもあります。調理方法や、保存方法一つで栄養素が破壊されたり、効果がとても薄いものとなってしまったり、ということがあります。

また食物によっては、アレルギーを引き起こす原因を持つものもあります。

このように食事に関わる様々な知識を応用的に学ぶことで、真に食育という知識を食卓に生かし、人々の健康を維持するために助言を行うことが可能となります。

食育が活かせる職種

年齢、性別問わず、効果を発揮する「食育」の知識が生かせる職種は様々です。

下記のように活躍の場は本当に幅広く、すべて人の身体に影響のある、とても重要な存在です。

  • 健康に常に気を使い、身体を最高潮の状態に維持しなければいけないスポーツ選手などのアスリート
  • 美しい体をキープし続ける必要があるモデルや女優
  • 発育途中のため体に食物が与える影響を強くうける子どもの食育を管理する学校などの施設
  • 病に打ち勝つために体の栄養素をバランスよく保つ必要がある病院などの施設

仕事だけでなく自分自身や家族の健康管理にも影響を与えられる、とても魅力的な知識と言えます。

食育資格でおすすめの資格

食育資格のなかにも、学ぶ内容によって取得する資格は変わってきます。複数ある資格のなかで以下の2つの資格をおすすめしたいと思います。

食育健康アドバイザーの資格は、食育に関わる基本的な知識から食育と生活習慣病との関わりを理解し、食育のアドバイスを行うことができる知識をもっていることを証明する資格です。自宅での介護から、生活習慣病で悩む人々への食生活の改善などの提案を行えるようになります。

管理健康栄養インストラクターの資格は、主に栄養素に関する知識を深く持ち、栄養素や食物が持つ細菌などの菌が体に与える影響を理解していることを証明する資格です。食材の各栄養素から、食品表示についてまで理解しており、人に対して表示の見方や栄養素についての知識を伝えられるようになります。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です