取得がゴールじゃない!

アスリート栄養食インストラクター

アスリート栄養食インストラクターは、スポーツ選手の競技の特性から必要な栄養素食事の考え方食事内容サプリメントの使い方といった、アスリートの食事について十分な知識を持った人に与えられる資格です。

アスリートでなくても、疲労回復や風邪予防脂肪燃焼といった知識も学ぶため、人間が健康で活動的に毎日を送る知識が身につきます。

そこで、この記事ではアスリート栄養食インストラクター資格取得で身につけられる学習内容を少し詳しくまとめています。

より詳細な内容は資格公式サイトをご確認ください。

競技ごとに合わせた献立と栄養管理

アスリート栄養食インストラクター資格で学べることは、大きく分けて下記の3つの項目です。

  • 目的や状態ごとにメニューを変えられる
  • 不足している栄養とトレーニング効果
  • 選手の成長に陰ながら貢献できる

1つ1つ詳しく見ていきます。

目的や状態ごとにメニューを変えられる

2003年のIOCにより、アスリートの栄養摂取についてもコンセンサスが示されています。

栄養素筋力・瞬発力持久
糖質(炭水化物)体重1kgにつき6g7gから10g
たんぱく質体重1kgにつき1.7gから1.8g1.2gから1.4g

参考:https://www.japan-sports.or.jp/Portals/0/data/ikusei/doc/k3-34.pdf

脂質について

脂質については、脂質エネルギー比から、目安を割り出します。

脂質エネルギー比は、25%から30%が目安です。

減量や増量といった目的によって、脂質摂取の目安となる割合は調整していきます。

目的別必要栄養素とメニュー例

目的栄養素メニュー例
筋力アップたんぱく質はんぺん肉巻き 鮭缶の炊き込みご飯 鶏肉の味噌付け焼き
風邪予防たんぱく質 ビタミンA ビタミンC酢豚 鶏肉と緑黄色野菜のトマト煮 卵焼きに大根の葉を入れる
疲労回復エネルギー補給 ビタミンB1いわしのトマト煮 キンパ風おにぎらず ツナとひじきの炊き込みご飯
便秘予防水分摂取 食物繊維 マグネシウム鮭と野菜の味噌汁 サツマイモと白味噌の和風ポタージュ
持久力アップ炭水化物・糖質鮭とマッシュルームのクリームパスタスープ かき缶の簡単パスタ
集中力アップ糖質 たんぱく質 カルシウム 鉄 ミネラル ビタミンCアジの生姜焼き バターチキンカレー 野菜とキノコの肉巻き
血液強化鉄 たんぱく質 ミネラル鮭とキノコの豆乳スープパスタ いわしのトマト煮込み
試合当日試合3時間前には食べ終わる 炭水化物 ビタミンB1 水分補給 食物繊維の多いものは避ける粉末だしごはん 梅を枝豆のおにぎり うどん ケチャップライス
お休みの日食べる量を減らすオムライス レタスと卵のサラダ タラの蒸し焼き リンゴとささみのオリーブサラダ
食物アレルギー食物アレルギーは、食物の原因物質が体に反応して過敏な反応を起こす。皮膚のかゆみやじんましん、重篤な症状を引き起こすさつまいもとリンゴのオレンジに 小松菜とバナナの豆乳ドリンク
免疫力アップたんぱく質 ビタミンA ビタミンC ビタミンD ビタミンE 亜鉛 食物繊維 バランスのいい食事と適度な運動と睡眠鶏の味噌付け焼き キノコのスープ めかぶの具たくさん味噌汁 アーモンド入りきんぴらごぼう
体脂肪ダウン高タンパク質低脂肪の食事 ビタミンEささみのチーズ焼き かつお梅だれ納豆丼 ぶりの照り焼き

不足している栄養とトレーニング効果

アスリートや運動をする人というのは、ビタミンミネラルといった栄養素を積極的に摂取する必要があります。

アスリートや運動する人が意識して摂取すべき栄養素栄養素の働き
ビタミンB群糖質・脂質を分解して効率良くエネルギーにする
ビタミン・ミネラル運動によって体内に発生した活性酸素の消去作用(抗酸化作用)
体全体に十分な酸素を届けるための血液となる
カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD強い骨作りに欠かせない

サプリメントを活用した方がいいケース

アスリートや運動をしている人は、栄養補給の基本はなんといっても食事です。

食事では十分な栄養が摂取できない場合、サプリメントで補う方法もあります。

ただ、基本は食事での栄養摂取が基本でので、正しい知識のもと摂取する必要があるでしょう。

サプリメントを摂取する場合

  • 偏食
  • 食事内容がよくない
  • 減量のための食事制限
  • 内臓の弱体化
  • 食欲不振
  • 菜食主義
  • 活動量が多く食事だけでは十分な栄養を摂取できない

参考:https://www.otsuka.co.jp/nutraceutical/about/nutrition/sports-nutrition/essential-nutrients/insufficient.html

選手の成長に陰ながら貢献できる

アスリートインストラクター資格を取得すると、スポーツジムの栄養部門のインストラクター料理教室での講師セミナー講師といった仕事で生かせる資格として、就職の可能性を広げてくれることでしょう。

アスリートインストラクター資格に向いている人

アスリートインストラクター資格取得に向いている人は次のような方です。

  • 食事にサポートしたい
  • スポーツ栄養を学びたい

アスリートインストラクターでは、こうした知識を学べる資格です。

アスリートインストラクター資格であなたも活躍しよう

アスリートインストラクター資格取得により、アスリートをサポートする方法や、人間にとって必要な栄養について学んでいきます。

あなた自身にとっても、また、家族や親しい人にとっても有意義な資格に間違いないでしょう。

あなたもアスリートインストラクター資格で、栄養について学んでみませんか?

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です