取得がゴールじゃない!

日本安全食料料理協会

日本安全食料料理協会には、少子高齢化社会になった現代に生かせる資格もあります。

高齢者向けの介護食、赤ちゃん向けの幼児食を詳しく学んで、献立計画や調理もできるスキルとして身につけられるようになっています。

実際の口コミ評判をここでまとめているので、参考にご覧ください。

日本安全食料料理協会の資格のお役立ち度


日本安全食料料理協会の資格には、食品や料理の技術に加え介護食や幼児食など、様々な食に関する資格があります。

毎日の食や食材に関する知識のスキルを習得し、実際に生活の中で活かせて実践できる資格です。

子どもから高齢者まで生かせる

子供が居ると離乳食や幼児食に関する知識、介護をしている場合、介護食に関する知識が身につきます。

日本安全食料料理協会の資格は、日々の献立作りにも役立つ資格の為、仕事として資格を取得する方以外にも、日常で活かせる資格という事で人気のある資格です。

人生で欠かせない知識を習得できる

人が生きるために必要な「」に関する基本的な知識の他に、栄養素・食材別の適した調理方法献立など、家族や自分自身の健康の為に役立つ知識を習得できるようになっています。

介護食マイスター資格

ここでは介護食マイスターの資格を取得した方のご意見を掲載しています。個人の感想や資格取得後の内容を含みます。

同居することになった両親のために

母の介護のために、介護食を学びたいと思い、スキマ時間を見つけて資格を取得しました。

課題にあったデザートレシピなどはすぐに実践できて、母もとても喜んでくれたので、資格を取得して良かったと思いました。

食材の栄養や調理法など、普段毎日料理をしているのに、思わぬ発見がたくさんありました。

ただ、なんとなく料理していた頃とは変わり、食材の栄養素や調理方法などタメになる知識を習得できて良かったと思います。

自宅で簡易的な介護をしているのですが、塩分の調整食べられるものの制限などがあり、料理のレパートリーが少なかったのが介護食資格に手を出したきっかけです。

今では、レパートリーが増え、「美味しい」と笑顔の親を見る楽しみが増えました。

何を作ったら良いのか悩んでいたころとは大違いで、自分も親も食を通して笑顔になれるいい環境になりました。

介護士のスキルアップのために

福祉施設で介護士をいるのですが、利用者様の食事の食介する立場として、知識を身につけたいと思って勉強を始めました。

あらゆる面から利用者さんのサポートできるようになりたいと思い、介護食についても勉強しようと思い受講しました。

資格専用の講座を利用したのですが、現場のことを良く熟知している方が教材を作っているのかと思うほど、現場を理解している良い教材で、勉強もやりやすかったです。

資格取得により、食に関する知識が豊富になりとても役立っています。

メニューに幅がなく、どんなものなら食べられるのか、栄養はどう考えて作って良いのか分からない事だらけでした。

勉強は、家事の合間などにちょこちょことしていて、歳を取ってからの勉強は…と思っていましたが、自分の為にもなる内容で楽しく進められました。

いまでは、レパートリー数も増え、献立もどんどん浮かんでくるようになりました。

幼児食マイスター資格

ここでは幼児食マイスターの資格を取得した方のご意見を掲載しています。個人の感想や資格取得後の内容を含みます。

我が子の成長のために

我が子の好き嫌いがで始めた2歳ころに、幼児食マイスター資格を取得しようと決意しました。

資格の勉強を始めてすぐに、日常に少しずつ取り入れられ、学んだことはすぐに実践していきました。

資格取得前から実践できて、楽しく資格の勉強もでき良かったです。

食の知識以外に、食事中のマナーしつけについても学んでいけたのも良いですね。

遊び食べが始まっても、対応方法が分かっていたので、イライラせず向き合えました。

子供には、栄養のあるバランスの取れた食事を作ってあげたいと思うのが親心ですが、実際は難しいんですよね。

何をしても食べてくれない我が子が、同じ食材を使っていても調理方法が違うのが良かったのか、喜んで食べてくれるようになりました!

資格の勉強をしながら実践していけるメリットもあり、我が子の「おいしい」が聞けるようになり毎日幸せです。

悩んでいるお母さんのために

もともと子どもが好きで、子どもに関わる仕事をしたいと思っていました。

そんな時、幼児食資格というものがある事を知り、学んだのがきっかけです。

今まで何気なく食べていた物の栄養素も身につけられ、幼児に適した食材や味付けなども習得できました。

そんな中、あるイベントに子どもと行った時に、同じ悩みのお母さんが沢山いる事に気づきました。

「子どもの食」に関する内容です。好き嫌いが多い、全然食べてくれないなど自分ばかりが悩んでいたと思っていたのに、こんなに沢山いたなんて思いもしませんでした。

このことがきっかけで、同じ悩みを持っているお母さんを助けるために、自分の経験も活かし、伝えられると思ったこともありました。

周りの子供にはアレルギー体質の子も多く、度々「アナフィラキシーショック」のニュースを目にするようになりました。

その点幼児食資格は、食の基本の他にアレルギーへの対応方法も学べる内容です。

その知識もあるせいか、ママ友の間では良く頼られるようになりました。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です