取得がゴールじゃない!

DIY資格

近年、自分で家具や住まいの設備を作るDIYが注目されています。DIYを学べる関連の資格もいくつかあり、受験を検討する方も増えています。DIYに関する正しい知識や技術を学べる関連資格の魅力を紹介します。

なお、資格試験に関して興味のある方は、各種主催団体が運営する公式ホームページを参考にしてください。

自作できるとお金の節約にもなる

DIYに関連する資格というと、「日曜大工認定試験」や「DIY工作アドバイザー認定試験」があげられます。

DIYを趣味としている方だけでなく、スクールやホームセンターなどでDIYに関するアドバイス生業としたい方などが受験する資格です。

DIYを実践する目的は、人それぞれです。趣味や生きがいとして楽しんでいる方も多いのですが、やはりお金の節約面のメリットがあることもその一つでしょう。

DIYを実践することで、専門店などで高いお金を出して購入しなければならなかった家財道具を、材料費だけでしかも自分の好みの形に製作できるようになります。

ただ、適切な材料選びや正しい製作技術を用いないと、作ったはいいものの、使い物にならないとなると元も子もありません。DIY関連の資格は、DIYに関する正しい知識と技術を学ぶのにおすすめです。

DIYを実践する際に気を付けるべきことは様々ありますが、特に注視すべき事項を以下に3項目紹介します。

  1. 自宅の隙間や空間を効率よく利用
  2. 騒音の発生や製作物の破損・変形に配慮
  3. 最初の設計と準備が最も重要

これらは資格試験の学習の中でも取り上げられやすいテーマです。

しっかりと学んで資格試験に生かしつつ、実際のDIYの場面でも忘れず心に留め置きましょう。

お家の隙間空間に合わせて自由自在

住まいには、注意してみると隙間が意外にたくさんあります。隙間を活用して収納スペースを確保するなどの工夫をしたいと考える方も多いでしょう。

DIYで隙間を最大限に活用することによって、住まいの快適性が増すとともに、達成感も存分に得られるはずです。住まいの中で隙間が生じがちな場所はどこでしょうか。

  1. 洗濯機周辺
  2. キッチン

住まいによってDIYを有効利用できる場所は異なりますが、上記2箇所は多くの住まいで隙間が生じてしまう箇所とされています。隙間の活用例を以下に紹介します。

①洗濯機周

洗濯機を置いている周辺は、隙間が生じてしまうことが多いです。スペースを有効に利用して収納力を高めるのは2重にメリットがあります。例えば、洗濯機横のスペースからさらに上部にかけて棚をDIYで作り、タオルや衣料用洗剤を置くスペースに活用する事例があります。

洗濯機の周囲に加え、上空部分を最大限に活用することもDIYであれば可能なのです。自分好みのイメージ通りに棚が完成すると、とても楽しいものがあります。

資格試験の勉強をする中で、正しい製作方法が身につけられるのも嬉しいですね。

②キッチン

キッチンも隙間が生じがちな場所です。冷蔵庫と食器棚の間などはよくデッドスペースになる場所です。キッチンは、食器や調理器具、調味料や食材など保管スペースがいくらあっても足りないので、デッドスペースを活用してDIYで収納力を高めましょう、

キャスター付きの引き出しを製作して調味料を保管するスペースにしたり、食器棚の側面に棚を数か所追加してキッチンペーパーやサランラップを置くスペースを確保したりする事例があります。アイデア次第で隙間も立派な収納箇所に生まれ変わります。

騒音や破損・変形に気をつけて

DIYを行なう際に注意するべきことはいくつかあります。

DIYを行なううえで必ずと言っていいほど直面する問題を2点紹介します。

  1. 周囲への騒音の問題
  2. 製作物の破損・変形

無計画でDIYを実践すると、思わぬトラブルに見舞われる可能性があるので、よく考えて作業に臨みましょう。以下、各項目について具体的に解説します。

①周囲への騒音の問題

DIYを行なうと、必ず騒音が起こります。作業をしている本人は楽しく一生懸命なので気にならないことが多いですが、周囲の住民からすれば迷惑そのものです。

特にマンションなど共同住宅の場合は、騒音とともに作業中の振動も伝わるので、十分に注意しないといけません。

比較的騒音や振動が少ない工具を選択しながら、周囲とのトラブルにならないようにDIYを実施しましょう。

例えば、電動ドリル電動ドライバー比較的騒音が少なく使いやすい工具です。騒音に関することも、資格試験の学習の中で習得が可能です。

②製作物の破損・変形

DIYを行なう際、ほとんどの方が木材を素材に選定することになります。自由に加工できて入手しやすい素材というと木材が挙げられます。

木材は、長時間が経過すると湾曲や反り返りなどの変形が起こってしまいます。場合によっては、少しの衝撃で破損してしまうほどの変形が起こってしまうことも少なくありません。

製作する中で、変形を抑える手法がいくつかあります。例えば、テーブルの天板の反り返りを防ぐために、裏側に角材の桟を取り付ける方法があります。

DIY関連の資格を学習すると、変形対策の手法もしっかりと身につきます。

設計や準備が一番大切なのを忘れずに

DIYを実践するために最も重要なことは、製作に取り掛かる前の設計準備です。

設計の如何によって、製作がうまくいくかどうかがほぼ決定するといっても過言ではありません。

DIY関連資格を学習すると、製作に必要となる素材の選定方法も身につきます。工具ごとの特徴や可能となる作業内容なども併せて身につきます。

ただ、最も難しいのは、最初の設計段階ですべての製作内容や必要な工具資材などを把握することです。

学んだ知識を総動員して、総合的に正確な設計をすることが大事です。資格試験で学んだ知識と技術が基礎となるのは間違いありませんが、それらを総合的に活用して質の高い設計をするためには、知識だけでは難しく、経験値が必要になります。

DIY関連の資格を取得してもそれで満足していてはDIYに関するアドバイスなどは到底できません。

自分でDIYを繰り返し実践して初めて、生きた知識・技術となります。様々な家具作りに挑戦して、経験値と応用力を身につけましょう。

DIY関連の資格は、以下の2つがおすすめです。

日曜大工をするうえで活用する器具の使用方法、製作する家具の種類に適した素材の選び方を基礎から学ぶことができる資格で、自分で日曜大工を楽しみたい方におすすめです。

DIYを行なううえで必要となる資材の種類の特徴や作業器具の正しい使用方法を理解し、さらに他人にDIYに関するアドバイスができる能力を有する証明になる資格です。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です