取得がゴールじゃない!

手芸アドバイザー資格

手芸アドバイザー資格は、クラフトに関する様々な知識・技術があることを認定する資格です。クロスステッチや棒針編みの他、染色、紐細工、ペーパークラフトやブリザードフラワーといったものも手芸の一環とされています。

こちらは手芸を始めたい方にぴったりの資格と言えます!

手芸を人に教える時の注意点

洋裁やキルトなどの裁縫、クロスステッチなどの刺繍、棒針編み・リリヤンなどの編み物レース組み紐などなど、手芸には実に多くの種類があります。

裁縫・刺繍・編み物といった技術に秀でており、それらを他の人に教える仕事がしたいと考えている方はいらっしゃいませんか?

手芸を人に教えるときには、ただ手芸の技術に秀でているという経験・技術だけではなく、資格もあった方が教える際に役立ちます。

そこで、手芸アドバイザー資格を持っていると役立てられる職業とその内容について下記の表に記載してみました。

職業仕事内容
手芸アドバイザー手芸に関する知識を活かし、手芸教室やカルチャースクールなどでの講師活動・政策指導 雑貨店などで勤務し、お客様の手芸に関する相談やアドバイスなどを行う
クラフトハンドメイドマイスター裁縫・編み物・布の染め方など手芸に関する知識を活かして雑貨店・手芸センターやホームセンターに勤務し、お客様が作りたいものに対して必要な道具や部品などの購入アドバイスを行う
手芸の先生受講される生徒に対し手芸の基本的な知識や針と糸の使い方・編み方の指導など手芸に関する様々な指導・アドバイス・政策指導を行う

資格を持っているのといないのとでは、説得力が違ってきます。

もし、これから「自分の手芸の技術を活かして職業にしたい」と考えているのであれば、手芸アドバイザー資格を取得しておくといいかもしれません。

自分の知識・技術の向上だけでなく講師活動をする際においても、今後の実生活にも役立てられると言えます。

素材の入手方法・仕入れルートの見つけ方

手芸を始めるとなると、欠かせないのが素材。素材がなければ、作品を作れません。

手芸の素材入手方法として挙げられるのは、これらが挙げられます。

  • インターネット通販
  • 手芸店やホームセンターといった店舗
  • ハンドメイドのサイトなど

どれにもメリット・デメリットがあるため、表にまとめてみました。

素材の入手方法のメリット・デメリット

入手方法メリットデメリット
インターネット通販豊富な種類現物を見られない
手芸店・ホームセンター店によっては豊富な種類自分の好みの柄物や海外のものなど珍しいものが少ない
ハンドメイドのサイトなど海外のものも入手できる現物を見られない

個性的なものが作りたいとなれば、海外産のものや、豊富な種類があるものがいいですよね。

まずインターネット通販やハンドメイドのメディアでの購入は、現物を見られないということが最大のデメリットと言えそうです。

その点、店舗で購入すると現物を見ながら実際の質感を確かめられるのも嬉しいポイントです。

自然の素材を使用するのもアリ!

クラフターの中には、まつぼっくりやどんぐりなどといった自然のものを使用する方もいらっしゃいます。

自分の作りたい作品はどのようなものなのか、それを作るためにはどこで仕入れるのかといったことを考えることも、自分の作品を表現するにあたり大切なことですね。

仕入れルートなどについては、実際に手芸をしている方の意見も参考にすると、より自分の求める作品に近づけるかもしれません。

手芸アドバイザー資格を持つ方としては、お客さまが求める素材をレクチャーするためにも仕入れルートやそれぞれのデメリット、どんな素材なのかということを把握しておくと説明もしやすいですね。

作り方の見せ方とアドバイス

手芸の作り方の見せ方としては、インターネットで見せる手段で一番わかりやすいのはYouTubeやサイトで紹介する動画などでの見せ方。

その際には周りに余計なものがないと、より作り方を見せやすく作品自体を目立たせられます。

もし、家に「作り方を見せるためのスペースがない…」といった場合には、後ろに白い布を用意し、さらにテーブルなども白い布で覆ってしまうとより作品を目立たせられるでしょう。

講師として自分が実践して、実際に見てもらうという場合には後ろから見てもらったり、前から見てもらったりと、色々な角度から見てもらうとわかりやすいかもしれません。

また、InstagramなどのSNSに自分の作品を投稿して色んな人に見てもらいたい!という場合には、作品だけではなく実際に人が使っている様子を投稿すると自分が使うイメージが掴みやすいです。

写真の見せ方のコツ

実際に、アクセサリーを作ったとなった時には、

  • おしゃれな小物などを並べ写真を撮ったものを数枚
  • 実際に使用していている写真を1枚
  • アクセサリースタンドにかけているような写真を1枚

このような写真があると、購入しようと考えている方が実際に使用しているイメージができますね。

せっかく手芸アドバイザー資格を活かして作った作品ですから、大好きな作品を綺麗に映える見せ方でSNSなどに投稿し、販売するのであれば購入したい!と思わせるような見せ方が大事になってきます。

世界でたった一つの自分の作品。

手芸アドバイザー資格を持つ人ならではの見せ方を研究するというのも、資格を取得した後の楽しみと言えそうです!

制作スピードアップのコツや量産方法

手芸アドバイザー資格を取得したからといって、すぐに制作スピードがアップする・量産できるというわけではありません。

手芸を何度も何度もすることで、制作スピードも上がりますし、ある程度コツを掴めると量産も可能となります。

それまでは、日々練習あるのみと言えるでしょう。

手芸アドバイザー資格を持つ人であれば、ある程度手芸に慣れているという方も多くいらっしゃいますので、制作スピードも上がりやすく、慣れてくると量産も可能になってきます。

特に手芸アドバイザー資格を持った後、講師活動などを行いたいという方におすすめな方法としては、たとえば編み物であれば自分に合った針を使うことや、小さな動きでリズムよく編むといった技術があると早く作品を作れます。

制作スピードアップのコツ・量産する際には、これらが大切と言えるでしょう。

  • 何度も同じものを作りながら練習する
  • 自分に合った道具を使う
  • 小さな動きでリズムよく

手芸アドバイザー資格とは・・・

手芸アドバイザー資格は、クラフトやカーピングといった様々な知識や技術を理解していることを認める資格です。

手芸アドバイザー試験は、このような方におすすめしたい資格です。

  • 空いている時間を有効活用したい方
  • 子どもや親せきなど、家族・知人・友人に何か作ってあげたいという方
  • ハンドメイドを始めてみたいという方

新しい趣味を始めたい方、元々手芸が好きだから何か資格を持っておきたいという方もぜひ資格にチャレンジしてみてくださいね!

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です