取得がゴールじゃない!

ハンドメイドマイスター資格

ハンドメイドマイスターの資格は、手芸を中心としたクラフトの知識や創作スキルをしっかりと身につけている人に認定される資格です。資格取得後は作品の販売や、手芸などのセミナー・講師活動など、様々な活動の道が拓けるでしょう。

※この度、「クラフトマイスター」「クラフトハンドメイドマイスター」は、「ハンドメイドマイスター」に名称を変更することになりました。名称変更に伴う、試験範囲や合格基準などの変更はありませんのでご安心ください。

より詳細は内容が知りたい方は、WEBの資格公式サイトをご覧ください。

手芸を仕事にする時の心得

ハンドメイドマイスター資格で学べることは、大きく分けて下記の3つになります。

  • 初心者でも簡単に実用的な「モノ」を作ること
  • 利用者にクラフトについて講師としてアドバイスできる
  • クラフトを用いた副業が可能

資格取得後は、カルチャースクールや自宅などで講師活動自宅開業ができるメリットがあります。

手芸を仕事にする上で資格取得はそのレベルアップのためにとても有効な手段です。

資格取得後は、クラフトについての幅広い知識を身につけ、あなたの知識を作品に活かせるようになります。

また、作品趣味や仕事を通じて人間関係の輪も広げられるでしょう。

ハンドメイド業界は特に女性に人気が高いので、ハンドメイドマイスター資格はとてもおすすめの資格ですよ。

使う素材はできるだけ良いものを

この資格の習得によって学べることとして、ハンドメイド作品を作って、どのように魅力的に見せるのかについてです。

また、使用する素材にもこだわりたいですよね。

ここでは、下記の3つに注目して説明していきます。

  • ハンドメイド作品をより魅力的にみせる方法とは?
  • ハンドメイド作品を販売できる場所はある?
  • ハンドメイドに使用する素材には、どんな種類があるの?

ハンドメイド作品をより魅力的にみせる方法とは?

クラフトを使用した作品を作っても、利用者に作品の魅力を伝えなければ商品として成り立ちません。

写真の色合いや構成など、分かりやすく利用者にお伝えすることもハンドメイドマイスターの仕事です。

プロになるためには、商品の見せ方によって利用者の受ける印象が大きく変わることを意識しておきましょう。

ハンドメイド作品を販売できる場所はある?

ハンドメイドでアクセサリーや小物を作っても販売する場所や機会はなかなか見つからないでしょう。

最近ではWEBにおいても、作品を販売できるサイトが豊富にあります。

自分が作った作品がどういった形で商品として売れるのかについても、ハンドメイドマイスターの資格で学ぶ内容です。

趣味で作りはじめたあなたの作品が話題を集め、メディアで活躍できる可能性も広がります。ハンドメイドマイスターとして、收入を得るきっかけにもなりえるでしょう。

ハンドメイドに使用する素材には、どんな種類があるの?

下記は、クラフト材料で使用するものです。どんな素材があるか分かりやすく表にしてみましたので、ぜひ参考にしてください。

クラフトの種類と手芸内容

クラフトの種類
綿、ガーゼ、麻、ウール、ナイロン、ポリエステル、キルティング生地、フェルト、フリースなど。 糸の種類では、ウール糸、モヘア糸、アンゴラ糸、アクリル糸、コットン糸など。
手芸内容
縫う、編む、染めるなど、使用方法や手順、注意点、始末方法など。 創作内容は、コースターやアクリルたわし、小物トレイ、パスケースなど。その他、マスク、クッション、エプロンといった生活に関わるもの全般。

修理やメンテナンスサポートも考慮して

ここではハンドメイドマイスターとして、具体的にどのようなアドバイスができるか見ていきましょう。

修理についてはどのようなものがある?

壊れたものや、愛着のあるものをハンドメイドマイスターによって修復することも可能です。今の時代は何でも買いたいものを買えますが、今あるものを美しく仕上げてまた使える喜びも大切にしたいですよね。今後は、ハンドメイドマイスターとして、修理を依頼されることもあるでしょう。

メンテナンスやサポート体制は?

時には、ハンドメイドマイスターとして、利用者を納得させる修復技術やメンテナンスできることが必要になってきます。利用者に気持ち良くオーダーを受けて作品をつくり、密にコミュニケーションすることでハンドメイドマイスターとしての実績を積んでいけるのです。

長くリピートしてもらえるように

ハンドメイドマイスター資格を取得後は、あなたがハンドメイドの知識や技術をアドバイスできるようになります。

講座で学んだことを活かし、自宅での開業も可能になります。

ハンドメイドマイスターとしての役割をまとめてみましたので、ご覧ください。

自分で作ったものをオークションやWEBサイトで販売

ハンドメイドのプロとして作品を作成し、オークションフリーマーケットなどでも販売できるようになり、本格的に仕事の幅を広げられるようになります。

また、身近な人や家族にも作った作品をプレゼントするのも楽しいですね。作品をつくることの楽しみや喜びを、友人や子どもと共有できることはとても嬉しい体験です。

講師活動

手芸やクラフトのプロとして講師活動し、自宅やカルチャースクール、ハンドメイド教室なども開けるようになります。他にもイベントとしてフリースペースなどを利用してセミナーを開催し、作品の販売方法や技術などを利用者に伝えられるようになります。

ハンドメイド作家

ハンドメイド作家になって、作家としての名が広まると、店舗での販売やイベントで販売ができるというメリットがあるのです。

このように、ハンドメイドマイスター資格取得によって、あなたの活躍の場を広げられます。

資格試験には、主に「縫う」「編む」「染める」といった基本的なことから、それぞれの技法で使用する用具や実際の作業の仕方、注意点などがしっかりと身につけている必要があります。

可能性の広がる資格なので、あなたも学んだことを活かしてハンドメイド作品をつくるプロの講師として活躍していきましょう。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です