取得がゴールじゃない!

ビーズアーティスト資格

ビーズアーティスト資格について、またビーズの選び方や保管方法を解説しています。あなたの活躍の場が広がる可能性が。資格をとろうと考えている方は、特に必見です。

プラスチックビーズの選び方と保管方法

ビーズにも特徴や違いがあります。どんな風に使うとより素敵な作品ができるのか、ぜひ参考にしてみてください。

◎プラスチックビーズの選び方

  • メーカーを選ぶ

軽量や穴の大きさは、メーカーごとに違います。特に穴の大きさが異なると製品にも統一感がでないので、なるべくメーカーは統一しておくことをオススメします。

国産の代表的なメーカーは、TOHOMIYUKIです。

TOHO:穴が大きい、軽量なのでMIYUKIに比べて量が多く入っているのでコスパが良い

MIYUKI:厚みがあり、高級感がある

  • 形状を選ぶ

三角ビーズ光を反射するので、普通のビーズだけじゃ物足りないなと感じる時に取り入れると良いかもしれません。

六角ビーズ:ビーズの中でも角が直角になっており、縦に長いビーズです。六角ビーズも光を良く反射するため、スワロフスキーなどの光るビーズと組み合わせるときれいです。

スクエアビーズ:四角形のビーズです。少し大きめのサイズなので、アクセサリーのアクセントとして取り入れるとよいでしょう。

◎プラスチックビーズの保管方法

ビーズは水に濡らしたり、空気に触れたりすることで酸化し、色に変色がおこることがあります。

なるべく空気にふれないように、チャック付きのポリ袋や、ピルケースのようなふたつきの小分けができる密封容器にいれ保管するとよいでしょう。それによって、ビーズが長持ちします。

天然石ビーズの選び方と保管方法

天然石と聞くと誕生石やパワーストーンを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?天然石にもオススメの選び方があるので、紹介します!

◎天然石の選び方

天然石は、発色がよくきれいな色をしていてツヤ感が高いものが質のいい天然石と言われています。

透明な天然石は曇っていないもの、模様が入っているものはよりきれいで鮮明な模様のものを選ぶとよいでしょう。

アクセサリーとして使うようであれば、穴の大きさが小さすぎたり大きすぎたりすると難しいのでよく見てみてください。

また、時々穴がななめになっている天然石もあるので注意してください。

◎天然石の保管方法

パワーストーンのアクセサリーをお持ちの人で、常に身につけていらっしゃる人をみかけますが、汗などにより変色の原因に繋がりますので、寝る前にはずし、やわらかい布などでふき汚れやほこりを取りましょう。

また、天然石にはパワーがありますので、浄化をするという意味でも様々な方法があります。

ただ、石によっては傷む原因になるものもありますので、石の特性をしっかり調べてから保管してください。

色彩資格と合わせると色合いも美しく

色彩の資格にも、色彩検定、カラーコーディネーター、パーソナルからリスト、色彩士検定などの様々な種類があります。

そんな中でも、ビーズアーティスト資格と併用して持ち合わせるとオススメな資格は、カラーコーディネーターパーソナルカラリストです。

カラーコーディネーター環境、商品、ファッションの分野に分けることのできる資格で、ビーズアクセサリーを販売したり、その人のファッションにあったビーズアクセサリーやブローチなどを選べるという点がとても強みになるかと思います。

パーソナルカラリスト:その人に似あう色を学べます。「人と色」の調和を大切にしている資格なので、メイク、ファッションなど、普段の生活に置いてカラーを取り入れたい人は良い資格です。

今後、ハンドメイド作品を販売したいと思っている人や教室を開きたいと思っている人は、資格を併用することで、ビーズアーティストとしての活躍の幅が広がることは間違いなしです!

サイズや穴径はしっかり見ておこう

選び方の部分でもお伝えしましたが、サイズや穴の大きさが違うと作品を作るときに統一感がなくなったり、例えばビーズアクセサリーをつけたりしたときに、不自然な形と重さに違和感を覚えてしまうことがあります。

穴が小さいから紐が通らない!なんてこともあります。

もし、今後注文を受けてからのハンドメイド商品を提供しようと思っている人は、事前に大きさやイメージを聞いておいて、ビーズを購入するときには、イメージにそうようなビーズを見つけてください。

ビーズアーティスト資格を取得すると

ステイホームや在宅ワークが当たり前になってきた今こそ、子どもと楽しく過ごす時間や興味がある資格にチャレンジしてみるいい機会ではないでしょうか。

在宅ワークの中でも注目されているのがハンドメイドの個人販売です。Baseなどアプリで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

その中のアクセサリー部門で注目をあびているのがビーズアクセサリーです。

それが「ビーズアーティスト資格」です。この資格を持つことであなた自身の活躍の幅が広がるかもしれません。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です