取得がゴールじゃない!

姿勢資格

近年、歪んだ姿勢から体調を崩す人が多くみられますが、姿勢資格は歪んでしまった姿勢を正しい位置に戻し、体調はもちろん、気持ちも明るくし、外面ともにリフレッシュするケアが人に伝えられるレベルまで習得出来る内容です。

今回は姿勢資格について説明をしていきます。

姿勢資格を学ぶ時の心得

昨今ではコロナウイルスの関係でデスクワークをする人が増えました。

パソコンを触っているとき、前かがみな姿勢となり首や肩に大きな負担を与えてしまいます。

またスマホの普及で、スマホを低い位置で見て頭が前に出ている格好になる人も近頃では多く見られます。

姿勢資格の必要性

長時間、身体に負担をかけてしまうような姿勢は猫背肩こり頭痛の原因につながります。

猫背はただ背中が丸くなるだけでなく、慢性腰痛や内臓を圧迫されて胃腸に負担。便秘逆流性食道炎などを引き起こします。

悪い姿勢を本来の姿勢に戻すために、近年では姿勢改善の専門ジムの需要が高まっています。

姿勢資格の取得によって、正しい知識を得られるだけでなく、利用者への信頼にもつながります。

姿勢資格を活かせる場所

姿勢資格を取得すると、以下の場所で知識を存分に活かせられます。

  • ジム…インストラクターとして生徒に指導。またアドバイザーとして今後の生活のケア方法を伝授。
  • 姿勢セラピスト…近年、注目が集まっている職業。正しい姿勢に戻すために施術を行う。
  • 介護施設…寝たきりや車いす生活などで姿勢が歪んでしまった利用者にストレッチやマッサージを施す。

ただ姿勢を戻すだけでなくその後のケアも手助けします。姿勢資格を取得すると的確なアドバイスができるようになります。

歪まないような生活を推奨すること

一時的に姿勢が改善しても、その後の生活で悪い姿勢に戻ってしまうと改善された意味がありません。

歪んだ姿勢の体調不良

歪んだままの姿勢は様々な健康被害を及ぼします。

  • 猫背
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 肥満
  • 消化器障害
  • 冷え性

など体調不良の原因となります。

姿勢資格は正しい姿勢に戻してからのケアを重要視しており、再び悪い姿勢にならないように方法を伝授します。

自律神経の調和

正しい姿勢は自律神経の調和にもつながります。

歪んだ姿勢のままだと交感神経が刺激された状態が続きます。

交感神経が優位だと呼吸が浅くなりドキドキしている状態が続き、睡眠の質を下げたり、体の疲れがとれなくなるのです。

姿勢を正すと深く呼吸ができるようになり、リラックス時に働く副交感神経が優位となって自律神経が改善されます。

椅子や机などの交換も検討すべき

体格が椅子や机の高さと合っていない場合、いくら姿勢を正しても肩こり腰痛などを減らすことは難しいです。

椅子の高さ

椅子は体格に合わせて調節できるものを選ぶと良いです。椅子を選ぶときのポイントは以下の通りです。

  • 背もたれ付き
  • 座面の高さ(床下37~43㎝以内)を調節できるもの
  • 机に腕を置けない場合は、高さに見合った肘掛けの椅子を選択

椅子を調節するときは足が床にしっかりとついて、深く腰掛けた状態で行います。

机の高さ

机も椅子と同じように、調節できるものを選びます。机の高さのポイントは次の通りです。

  • 床から65~70㎝の高さを選ぶ
  • 60~72㎝で調節できる机を選ぶ

パソコンを使うときは、肘を90度に曲げた状態でキーボードに手が届く高さが良いです。

正しい机と椅子の高さでは、身体に負荷がかからず綺麗な姿勢を保てるので、疲れづらいので、肩こりや猫背の改善になります。

姿勢資格の講座を開く時の心得

姿勢資格を習得すると、自分自身の姿勢改善はもちろんですが、人に教えられるようになります

姿勢資格正を取得する心得

姿勢資格は姿勢のことだけを学ぶわけではありません。

姿勢にまつわる知識も同時に身につける必要があるのです。

  • 顔の歪み
  • 女性ホルモン
  • 月経
  • 妊娠や出産
  • 更年期障害

など、姿勢が悪いと引き起こしてしまう症状も併せて勉強します。

美姿勢のプロフェッショナルとして幅広い知識を得るだけでなく、一人一人にあったトレーニングのスキルも学ぶことが大切です。

姿勢資格は講座がおすすめ

姿勢資格は独学でも学べる内容です。

しかし独学は継続の難しさやスケジュール管理など、なかなかうまく捗らない場合があります。

資格専用講座を利用すると、プロに質問ができるなど、手厚いサポートが用意されています。

また充実したテキスト、短期間での知識習得するためのスケジュールを計画されるので、無駄なく確実に学べる内容です。

姿勢資格を取得しておきたい資格

今回は姿勢資格について紹介しました。

スマホやデスクワークなどで歪んだ姿勢となり、体調を崩してしまう人が増加しています。

その結果、姿勢資格を持つトレーナーやカウンセラーのニーズが高まり、注目が集まっている資格の一つです。

数ある姿勢資格も中でおすすめしたい資格は2種類。

姿勢コーディネーターは崩れた姿勢を正しい位置に戻して、今後のケア方法も教えられる資格です。自宅で開業、スクール講師など活躍の幅は様々です。

ダイエットや美姿勢を保つために注目されている体幹の知識を得られる資格です。体幹コーディネーターは、講師向けの内容となっているため、他の姿勢資格よりも難易度は高め。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です