取得がゴールじゃない!

整体セラピスト資格

整体セラピスト資格は、整体に必要である身体や脳の作り、神経や骨格、血液の流れや神経系についてなど、整体についての基礎的な知識を一通り習得している事を証明する資格です。

当記事では、整体セラピスト資格の学習内容等、詳しく説明していきます。

より詳細な学習内容を知りたい方は、是非公式サイトもご覧下さい。

心のケアに整体からアプローチする

整体セラピストとは、身体のゆがみホルモンバランス自律神経の流れを整えて、自然治癒力を高める、リラクゼーションを目的とした施術者の事を言います。

ストレスと身体の不調

ストレス社会の中に生きる現代人にとって、メンタル的なストレスを受ける事で、身体の不調を感じる場合が多々あります。

ストレスによる不調の例

  • 胃がもたれる。胃の痛み
  • 朝起きられない
  • 頭が重い
  • 目が疲れる
  • 肩こり
  • 背中や腰の痛み
  • 立ち眩み
  • 風邪が治らず、微熱が続く
  • 顔や体への発疹

この様な不調が続く事で、やがて慢性化し、更に深刻な状態になってしまう事もあります。

ストレスを感じた時に、整体セラピストの施術を受ける事で、この様なストレス症状を緩和できるのです。

自律神経の働き

整体セラピストの施術には自律神経を整えるという目的があります。

自律神経とは、内臓の働きや代謝、体温などの機能をコントロールする為に、自分の意志とは関係なく24時間働き続けています

この自律神経が乱れる事で、様々な身体の不調を起こしてしまうのです。

この自律神経には、交感神経副交感神経の二種類があります。

交感神経→昼間活発になる。血圧が上がり、瞳孔が拡大。心と体が興奮状態になる

副交感神経→夜間やリラックス時に活発になる。血圧が下がり、心拍数が減少。瞳孔が縮小し、心と体が休息状態となる

心理状態を正しく把握するために

整体セラピストは身体の調子を整える為に施術をする仕事ですが、まずは施術相手の話をよく聞いて、心理状態生活環境ストレス要因などを見極め、問題を解決する為に最も良い方法を考える事が大切です。

ストレスの種類や症状

ストレスの種類症状
人間関係ストレス頭痛、食欲不振、睡眠の乱れ
職場ストレス睡眠障害の症状が多い
女性ストレスホルモンによる不調、食欲不振、頭痛、めまい、動悸、息切れなど多数
老年性ストレスライフスタイルの変化おきる。慢性的にストレスを感じる
受験期のストレス朝起きられない、感情の起伏が激しい

自律神経の乱れで起きる不調

病名原因症状
自律神経失調症ストレス・過労によって自律神経が乱れる吐き気、多汗、倦怠感、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠
神経性胃炎ストレス、生活習慣の乱れ胸焼け、胃痛、胃もたれ、気分がふさぐ、喉がつかえる
過呼吸症候群精神的ストレスめまい、手足のしびれ、筋肉のこわばり
過敏性腸症候群ストレスによる自律神経の乱れ頭痛を伴う下痢、便秘
メニエール病ストレスによる内耳のリンパ液の以上めまい、耳鳴り、難聴、強い吐き気、嘔吐

整体セラピスト資格の学習内容には、神経や身体の構成、脳の作りや働きなども含まれる為、この様な悩みに応じて施術を行い、ストレスの解消へと導きます。

ヨガやピラティスと合わせると良い

ヨガやピラティスは、フィットネスクラブなどでも気軽にレッスンを受けられるようになっており、身近なエクササイズです。

心身をリラックスさせ、ダイエット効果もある為、整体と共に行うことで更に良い効果が期待できるでしょう。

ヨガの効果

腹式呼吸による深い呼吸と、全身を使ってポーズをとります。

  • 自律神経を整える
  • 背骨や骨盤を筋肉で支えられる様にし、身体のゆがみを改善する
  • 筋肉を柔らかくし、柔軟性を養う
  • ストレス解消
  • 心身の不調を和らげる
  • 太りにくい身体を作る
  • 血流の促進
  • 消化機能の向上

ピラティスの効果

様々な病気怪我から身体を回復させるために開発されたエクササイズです。

  • 身体の歪みを整える
  • 自律神経を整える
  • 代謝をあげて、太りにくい身体をつくる
  • 血流を良くする
  • 内臓を正しい位置に戻す

ヨガやピラティスは、身体の調子を整える要素だけではなく、運動不足解消にもつながります。自宅でも気軽にできるスポーツなのでおすすめです。

運動不足解消になるエクササイズを

運動をすることはストレス解消にもなり、太りづらい身体や筋肉を作ります。

免疫力も高まり、心身共に健康な身体へと導きます。

しかし、それまで全く運動をしてこなかった方が突然運動を始めようとすると、逆にストレスになってしまう場合もあります。

ウォーキングやストレッチなど、無理のない範囲から始めてみましょう。

運動の効果

  • 自己免疫力の向上→病気に対する抵抗力
  • ストレス解消→メンタルヘルスの改善
  • 体重のコントロール→生活習慣病の予防、改善
  • 血流の促進→腰痛、肩こりの改善、冷え性、便秘の解消、良質な睡眠

この様に整体でも得られる効果が、運動にも含まれているのです。

1日に必要な運動量

  • ウォーキングなど、中程度の運動を週に150分。1回30分を5回に分ける
  • ランニングなど、激しい運動を週に75分。25分を3回が理想
  • 体幹に近い、大きな筋群を週2回以上鍛える事を推奨

運動量を示す値として、METs(メッツ)が使われます。

METs=安静時を1として、それと比較して何倍のエネルギーを消費するかという値

中程度→3~6METs

高程度→6~9 METs

このMETsを意識して、日常生活の中でも積極的に活動する事で、運動不足は解消できます。

日常生活での運動例

3~3.5 METs

  • 歩行
  • 電動自転車
  • 階段を下りる
  • 子供の世話
  • 家や庭の掃除
  • 軽い荷物運び

4~4.5 METs

  • 早めの歩行
  • 普通自転車に乗る
  • 家の修繕
  • 農作業

5~6 METs

  • 子供や動物と激しく遊ぶ
  • 雪かきをする
  • 家具の移動

6.5 METs

  • 重い荷物を運ぶ
  • 階段を早く上る

整体セラピストの施術と共に、運動のアドバイスやヨガやピラティスなどのスポーツ、アロマオイルやアニマルセラピーなどを取り入れてセラピーを行う事もあります。

整体セラピスト資格は、学ぶ範囲が広いので様々な事柄を習得できます。

学習内容の一つに、整体セラピスト資格を取得した後に開業する為の知識や、料金設定の目安などもあります。また自宅やカルチャースクール講師として活動する事もできます。

就職時のアピールにも繋がる資格ですが、学ぶ事で、自分自身の心身の健康の為に必要な知識も得られます。

当記事を参考に、整体セラピスト資格取得に挑戦してみては如何でしょうか。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です