取得がゴールじゃない!

ピラティスインストラクター資格

ピラティスインストラクターは、ピラティスの基本的なエクササイズを指導する専門家です。心身ともに健康に保つので注目されており、ピラティスインストラクターの需要も高まっています。

ピラティスインストラクターは、ピラティスの体の動かし方や基本のポーズを指導します。

ピラティスは、体の筋肉を意識することが大切なので、正しいエクササイズを学ぶことが健康維持へとつながります。

ピラティスインストラクターの仕事:ピラティスのポーズや動かし方を学ぶ

ピラティスインストラクターは、基本的なピラティスのポーズや体の動かし方を指導します。ピラティスを行う上で大切なことは、基本姿勢と呼吸法です。

ピラティスの基本姿勢。

  • ニュートラルポジション
  • インプリントポジション

ニュートラルポジション

ニュートラルポジションは、仰向けになり両ひざをまげ、骨盤を床と平行になるように保ちます。腰に負担がかかるのでそらさないようにしましょう。

リラックスし、背中が自然なSカーブの状態になるようにします。全てのエクササイズのスタートとなる基本姿勢です。

インプリントポジション

インプリントポジションは、仰向けになり両ひざを立てて、ニュートラルポジションよりも骨盤をやや後ろに倒すイメージです。

腹筋を使っておへそを引き上げながら、お腹をへこませます。

ピラティスの呼吸法

ピラティスの呼吸法は「胸式呼吸」です。

胸いっぱいに息を吸い込み、横隔膜を刺激してインナーマッスルを鍛えます。

以上のようにピラティスは、まず正しい姿勢を覚え、イメージすることが大切です。

正しい姿勢を自分で確認するのは難しいので、インストラクターがチェックします。

無理なく家庭でできるピラティスを

ピラティスは、家庭でできるエクササイズです。

もとはリハビリのために考案された運動なので、家庭でも実践可能

ただし、家庭でピラティスをする場合は次のような注意点もあります。

  • 安定した場所で行う
  • 正しい姿勢を保つ
  • ゆっくりと動く
  • 呼吸法を意識する
  • 継続する

それぞれ解説します。

安定した場所で行う

ベッドやソファーなどの柔らかく不安定な場所では、けがをする可能性があります。

カーペットが敷かれた床ならそのままでも大丈夫です。フローリングの場合は、ヨガマットピラティス専用マットを用意すると良いでしょう。

正しい姿勢を保つ

ピラティスは、体の深層部の筋肉に作用し、インナーマッスルを鍛えることで様々な効果が得られます。

正しい姿勢でピラティスを続けないと、思ったような効果が得られません。

少し見ただけでエクササイズをするのではなく、インストラクターの動きを見て正しい動きをすることが大切です。

ゆっくりと動く

1人でピラティスを行っていると、つい早い動きになってしまいますが、早く動くと筋肉に負担がかかります。

ピラティスは、体と向き合いリラックスできるエクササイズなので、負担がかかる素早い動きはやめましょう

呼吸法を意識する

ピラティスで大切なのは、呼吸法です。ピラティスの呼吸法は「胸式呼吸」です。

しっかりと肺に空気を取りいれ、横隔膜を刺激し、インナーマッスルを鍛えます。

筋肉を動かすときに、力が入ってしまい呼吸が止まってしまうことはありませんか?

呼吸を止めると、筋肉がキュッと締まり硬くなってしまいます。ピラティスは、呼吸法により筋肉の柔軟性も高まるので、ピラティスをしている時は呼吸を止めないことが大切です。

継続する

ピラティスは継続することが大切です。

家庭でできる簡単なエクササイズを、続けてみましょう。継続しないと、筋肉は元に戻ってしまいます。1日おきでいいので続けてみましょう。

ピラティスでは、インストラクターの動きを覚え、正しい動きを意識しましょう。

生涯学習で指導する時の服装や準備運動

生涯学習でピラティスの指導をする場合、誰でも気軽に参加できるようにプログラムや持ち物を考慮しましょう。

生涯学習では、ピラティス未経験者が参加することが多いと予想されるので、持ち物は必要最低限にするのがおすすめです。

最低限の持ち物

  • 動きやすい服装
  • タオル
  • 水分補給用の飲み物(もしあれば)
  • ヨガマット(環境によっては必要)
  • 室内用運動靴

このようにわざわざ用意しなくても、自宅にあるもので揃うように工夫しましょう。

ピラティスには準備運動は必ず必要です。

1~2分程度の簡単な動きで体を温めましょう。関節を動かす、首、肩を回す、体を伸ばすなどの準備運動が効果的です。

高齢者がピラティスをする時の注意

高齢者のリハビリとして、ピラティスを取り入れている施設も多くあります。

もともとピラティスは負傷した兵士のリハビリを目的として運動なので、激しい筋トレやきつい運動がなく、体の負担も軽く高齢者に優しいエクササイズです。

ピラティスは、けがや病気からの回復に効果があり、脳の活性化にも作用します。高齢者の場合、けがや病気の後にリハビリをしないと、最悪寝たきりになる可能性もあります。

簡単なピラティスを取り入れ、インナーマッスルを鍛えることで寝たきりを回避できるようになるのです。

高齢者がピラティスをするときの注意点

  • 医師や看護師に運動の制限を確認する
  • その日の体調を考慮し、バイタルなどのチェックをする
  • 準備運動を十分にする
  • 動悸や息切れをしたら中止する

体調に十分注意し、無理のない範囲でピラティスを取り入れ、健康的な生活が送れるような手助けをしましょう。

ピラティスインストラクターは正しい動きの指導ができる

ピラティスインストラクターは、ピラティスの正しい動きの指導ができる専門家です。

スタジオでの指導の際には、正しい姿勢を覚えられるように工夫しましょう。

スタジオ以外の場所でもピラティスを取り入れ、健康的な毎日を送れるように指導しましょう。

ピラティスは、年齢問わず生活に取り入れることができる運動です。

ピラティスインストラクターは、ピラティスを通じて人々の健康を支えるプロとして注目の資格です。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です