取得がゴールじゃない!

九星気学資格

九星気学資格は、九星気学に関する知識を有することの証明になる資格です。現代の九星気学は、中国で始まった、陰陽、五行、十干十二支などを代々受け継ぎながらも、実用性を求めて日本流にアレンジが加えられたものが基本になっています。

九星気学の仕事を始めるために、まず九星気学について学んで資格を取得することをお勧めします。

この記事では、九星気学資格について解説しています。

詳細を知りたい方は、合わせて公式サイトをご覧ください。

九星気学資格を学ぶ時の心得

 九星気学は、さまざまな伝統知識を組み合わせて、方位の吉凶を知るために使われる占術です。

中国古来の九星術を元にして、明治42年に園田真次郎が気学としてまとめたものを合わせた占いです。

九星の考え

生年月日から9つに分けられる九星(一白、二黒、三碧、四緑、五黄、六白、七赤、八白、九紫)。

十干十二支。十干は、甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸10の要素からなります。十二支は、皆さんご存知のものです。

五行は、万物は火、水、木、金、土5種類の元素からなるという、古代中国の自然哲学の思想です。

これらを元にして、生年により定まる九星を本命星、生月により定まる九星を月命星として、この関係性で運勢を占います。

気学の考え

3×3の魔方陣から生まれた紫白九星を使って、さまざまなことを占ったり、移動の方位の吉凶をみたりします。

各人の生まれ年において本命星が決まりますが、当該年において魔法陣のどのポジションにあるのかを判断していきます。

十二支に由来する考えもあります。魔方陣に関するものとは別に、十二支から導く凶方位の概念も取り入れています。

歳破(さいは)

その年の十二支の反対側の方位

月破(げっぱ)

その月の十二支の反対側の方位

日破(にっぱ)

その日の十二支の反対側の方位

小児殺(しょうにさつ)

小月建知いい、子供の健康に影響がある方位。その年の十二支とその月により方位が決まる

以上が凶方位についての考えです。吉方位については、本命星の数字魔方陣上の数字と陰陽五行説の意味を合わせて「相性が良い要素を持つ数が配置される方位」が吉方位となります。

それぞれの個性や本質を見極めるように

九星気学は、地球に循環する気を元に物事を考えます。

人が生まれた時の地球上の気の配置が、その人の運命を決めると考えています。生まれた年によって本命星が決まるので、九星気学では生まれた年を何より重視します。

本命星から、生まれた時にどの星の影響を受けて、これからの人生をどう歩んでいくか、運勢、吉方位、凶方位などがわかります。

具体的には、下記のことがわかります。

  • 性格と特徴
  • 恋愛運
  • 結婚運
  • 仕事運
  • 金運
  • 家庭運
  • 健康運
  • 開運するためのポイント
  • 運勢の流れ

九星気学では、自分の基本的な性格だけでなく、才能、特徴、潜在能力、適した職業、恋愛傾向、理想のライフスタイル、結婚の時期、相手などあらゆることを理解できるようになっています。

九星気学では運勢も分かるので、好調な時期と不調な時期を把握し、失敗しないように重要な決断をするタイミングを見極められるようになります。

これらの知識を活用することで、人生をよりよいものに変えられるのです。

吉方位と凶方位などを正しく伝えること

 九星気学では、今からどの方角へ動くかによって運勢が変わるという考え方があります。

その方角へ行くと良いことが起きる「吉方位」と悪いことが起きる「凶方位」があります。

これは、自分の生まれ年や年などにより変わり、個人個人違います。

九星気学の吉方位は、自分の「本命星(九星)」によって異なります。

人生の大事な節目の引っ越しの際に、吉方位かどうかを気にする方は多くいます。それを確かめる方法は、いろいろあります。

まずそれぞれの占いにおいて、自分が何に分類されるのかを確認する必要があります。

また自分の本命星を知るだけでは、吉方位がどの方角なのかを、正しく理解できません。

しかしまずは、本命星の知り方をご説明します。

本命星は、一白水星(いっぱくすいせい)、二黒土星(じこくどせい)、三碧木星(さんぺきもくせい)、四緑木星(しろくもくせい)、五黄土星(ごおうどせい)、六白金星(ろっぱくきんせい)、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい)、九紫火星(きゅうしかせい)の9つの種類に分かれます。

この中のいずれかがあなたの本命星です。

調べ方は、生年月日を入力すると、簡単に九星気学のインターネットサイトで調べられるようになっています。

九星気学資格の講座を開く時の心得

 九星気学資格は、学んだ知識を使い、生年月日からその人の基本的な性格を読み取れる占術です。

そこから、その人個人にあったアドバイスができるようになります。

信頼性の高さから、九星気学についての講座を開けるのも資格の魅力です。

 九星気学では、年ごと、月ごとの吉方位・凶方位がわかるので、吉方位の土地から強い気をもらい、運気を上げるためのアドバイスも的確に出来るようになります。

それによって相談者の運命を変えられることになり、良い人生を送る後押しができるのです。

9つの星の意味の巡りをよく知ることで、相談者だけでなく、自分自身や身の回りの人の運気を上げる方法が分かります。

九星気学資格を取得することで、自信がつき、的確なアドバイスができるようになるでしょう。

さらに、プロであることの証明にもなるので、開業して活躍する際の後押しとなる九星気学資格は、ぜひとも取得したい資格でしょう。

おすすめの資格は次の2つです。

九星の運行、九星の暦、九星の方位など、九星気学で占うための知識を一通り身につけていることが認められます

陰陽、五行、十干十二支、八卦など、東洋占星術で鑑定するための知識が一通り習得出来る

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です