取得がゴールじゃない!

九星気学占術士資格

九星気学占術士資格は、日本占い師協会主催の資格です。九星の運行、九星の暦、九星の方位、九星の吉方位(祐気)などを中心に、日本の代表的な占術である九星気学の鑑定のために必要な知識を基礎から実際の鑑定に必要なレベルまでしっかりと習得出来る内容となっています。

ここでは、九星気学占術士資格についてまとめています。


より詳細が知りたい方は、公式サイトも合わせてご覧ください。

九星気学占術士資格を学ぶ時の心得

 実は日本人の生活習慣に根強く関わっているのが、九星気学占術です。江戸時代に開発された九星気学は、地上にある気の流れをつかんで運を良くしようというものです。

九星気学は古代の中国で生まれた占術です。まず万年暦を使って生年月日から本命月命日命を知り、星の配置をすることで年盤・月盤・日盤を作成して鑑定していきます。

星といっても夜空に浮かぶ星を見るのではありません。

星は一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星の9星あります。それらの星と星が位置する場所の関係性から基本的な性格の鑑定も可能となっています。

吉方位・凶方位を明らかにして、祐気採りを行うことで開運に導くことが、九星気学の最大の特徴です。

有名な占い師の間違いに流されないように

 九星気学は、対人関係開運健康仕事金運も占えるなど、幅広い鑑定が出来る占術です。

誰もが生きていく上で、向き合わならければならない問題も解決に導く占いです。

占い師も間違うこともある

占ってもらうときは、人生経験の豊かな占い師に見てもらいたいものです。

有名な占い師に見てもらうのが1番ですが、占い師も人間なので、時には間違うこともあります。

占いは当たるも八卦、当たらぬも八卦という言葉があるように、盲目的に信用することのないようにしてください。

あくまで、これからの人生の指標にする程度に考えて、振り回されないようにしましょう。

九星気学は、行動開運学ともいわれる

自分が行動することによって、運気を開いていくということが1番大事です。

悪いことを言われた、悪い星の巡りになったと嘆くのではなく、自分自身が持っているものを高めよう、もっといろんな視点で学んでみよう、という前向きな考え方を提示するのが九星気学です。

そこが、人気の秘密でもあります。

自分にとってどんなに良い時期や方位でも、本人が沈んでいては効果も出にくくなります。

そのため、これをしたら良いことが起こるぞ!というワクワク感を持つことです。その気持ちこそが、良い運気を引きつます。

九星気学で現状を変えたい、開運したい人は、開運法がわかったとしたら、務めて表情を明るくして、前向きな気持ちで行動を起こすことが大事です。

風水と合わせると深い鑑定が可能かも

 九星気学とともに風水を学ぶと、より深い鑑定ができるようになります。

専門的には、九星気学は「命術」風水は「相学」として分類されます。

命術

 九星気学は自分にとって良い時期や吉方位を選び、自分から動いて運命を切り開いていく開運法です。

生年月日や時間、持って生まれた宿命を占う占術です。

相学

風水は、住環境を整え、気の流れを変えることで開運に結びつけます。

今ある土地や家は、簡単には吉方位には変えられません。そこで風水の考えにより、周辺の環境、部屋の模様替え、リフォームなどで間取りの欠点を補うなどで、運気を変えていきます。

形(相)を整えることによって、後天的な運命を変えていく技術です。

風水と九星気学は、例え占いで悪いことを言われたとしても、言われっぱなしで落ち込んで終わる占いではありません。

だったらどうしたら良いのか?現状を変えるために何をすべきか?という前向きな対処法を示していく占術でもあります。

風水九星気学両方実践することによって、大きな開運効果が得られます。しかし、開運法により人によっては向き不向きがあります。

いちいち方位を気にするのが面倒だ、という方は、あまり九星気学には向いていないかもしれません。

部屋のインテリアを変えたり、掃除したりするのが面倒だという方は、風水には向いていないかもしれません。

そのため、自分の性格に合った方法で、楽しく取り入れられる方を選びましょう。

九星気学占術士資格の講座を開く時の心得

九星気学占術士資格で学んだ知識を生かすことによって、占い館やサロンで活躍できるようになります。

また、プロを証明する資格があれば、開業もできます。

手相占いなどと違い対面する必要は無いので、メール鑑定電話鑑定など、在宅で開業するなど今の時代に合った働き方もできるのです。

激動の近年は、今までの当たり前が当たり前では通らない、大変な時代になりました。

そんな中でみんな人生の羅針盤を失い、迷っています。

だからこそ、今まで以上に九星気学占術士資格は求められている資格です。

自分自身のためにも九星気学占術士資格の取得にチャレンジしてみてください。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です