取得がゴールじゃない!

パームリーディングアドバイザー資格

パームリーディングアドバイザー資格とは、手相占いに関する知識を持っており、占いにもとづいたアドバイスができると認定するものです。当記事では、パームリーディングアドバイザー資格講座について掘り下げてご紹介していきます。

より詳細な内容を知りたい方は、ぜひ資格公式サイトもご覧ください。

パームリーディングアドバイザー資格を学ぶ時の心得

昔から人気のある占いの1つに、手相占いがあります。

仕事や恋愛などで転換期を迎えるときに、手相占いの結果を参考にしながら行動した、という人もいるのではないでしょうか。

また、手相占いのアドバイスを信じて実行した結果、ものごとが上手くいったので、「自分も手相占いをして、誰かの役に立ちたい」と考えている人もいるかもしれません。

しかし、どうやって手相占いを始めたら良いのか、そもそも素人ができるものなのか、迷うところですよね。

そんな人におすすめなのが、パームリーディングアドバイザー資格。手相に関するさまざまな知識を得られる資格です。

始めは素人だとしても、手相に関する知識を深めることによって、プロのように手相を解析できるようになります。

合格した後は、手相占い師や、占いの講師として活躍の場が広がるでしょう。

ここから、手相についての基礎知識をご紹介します。

判読が難しい場合の対処法と伝え方

手相占いとは、生年月日名前といった情報と、生命線に代表される手相を読み解くことで、その人の将来を占うものです。

よく「手相は生きている」と表現されますが、それは手相が一生同じではなく、気持ちの変化などに応じて変わっていくとためだと考えられています。

それぞれの線について

  • 生命線

もっともメジャーな線の1つで、親指と人差し指の間から、手首に向かって伸びています。生命力だけでなく、体調なども示しています。

  • 感情線

小指の下から、中指・人差し指に向かう線です。人との関わり方などを示しています。

  • ・知能線

親指と人差し指の間から始まる線で、その人の知識と才能を測る線です。線が長い人はものごとをじっくり考えるタイプ、短い人は即決するタイプだといわれます。

  • 太陽線

薬指に向かって伸びる線のこと。始まる場所は人によってバラバラで、中には太陽線自体がない人も。太陽線は周囲からのサポートを得られているかを測ります。

  • 財運線

基本的に小指の付け根にある縦線のこと。金運だけでなく、その人の経済観念も表しているといわれます。

  • 神秘十字線

知能線と感情線に挟まれた、スピリチュアルな力、つまり霊感を表す線です。

線が長くて濃いほど、その線からの影響力が大きいと考えられています。もちろん、薄くて判別できない場合や、線によってはそれ自体がないこともあります。

例えば、運命線は個人差が激しく、一切ない人もいます。

運命線は「人とのつながりの中にある運」を示しているので、薄かったり、線自体がないという場合は、周囲からの影響を受ける時期でなかったり、自分自身の内面に意識がいっていると考えられます。

運命線が薄くて判別が難しい場合は、「今は自分自身の内面を磨く時期に差し掛かっている」と伝えるとわかりやすいと思いますよ。

また、線と並んで手相占いに重要な「」についても知っておきましょう。

丘とは

手のひらに10個ほどあるふくらみが、丘と呼ばれるもの。その人の能力や高まっている運勢を示していると考えられています。

  • 木星丘

人差し指の下にあり、ここの丘のふくらみが大きいと、出世運があることを示しています。

  • 水星丘

小指の下にある丘。財運や社交性などを司ると言われています。

  • 金星丘

親指の下にあり、健康や愛情生命力を示しています。

線と同じく、もっとも発達している丘が、その人の状況をもっとも示していると考えられています。

手相占い結果を残すための工夫も必要

また、手相占いをしても、相談者がその結果を忘れてしまったら、せっかくのアドバイスも効果が半減してしまいます。

そのため、相談者がしっかりとアドバイスを覚えられる工夫も、パームリーディングアドバイザーには求められます。

すぐにできることは、占いの結果を紙で渡すことです。

紙に書いておきたいのは、以下の項目です。

  • 線や丘の解説
  • 占いの結果
  • 相談者が持つ手相の本質や特徴

線や丘については、専門的に学ばないと、なかなか難しいもの。専門用語も多くて、すぐには覚えられません。

占い結果とともに、線や丘の図解などを載せておくと、わかりやすくて喜ばれます。

パームリーディングアドバイザー資格の講座を開く時の心得

パームリーディングアドバイザー資格に合格したら、手相に関するひととおりの知識があり、手相占いを通したアドバイスができると認定されます。

講座を開く機会もあると思いますが、その時は、パームリーディングアドバイザーに求められているのは、手相を読み解くスキルだけではないと、頭に入れておきましょう。

手相を読み解くスキルと同じくらい大切なのが、カウンセリングの能力です。

手相占いは何かに困ったり、アドバイスをしてほしかったりする時に訪れるものなので、淡々と結果だけを伝えるのは冷たい印象を与えます。

相談者に寄り添いながら、手相にもとづいた対処法を丁寧に伝えるようにしましょう。

占い結果だけでなく、相談者がアドバイザーの人柄にも癒されるようになってこそ、本当のパームリーディングアドバイザーです。

講座を開く場合も、受講者にカウンセリングの必要性をしっかり説明してください。それによって、あなたの手相に関する話に説得力が増すはずです。

自分も占いをする側になりたいという人は、ぜひパームリーディングアドバイザー資格を検討してみてくださいね。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です