取得がゴールじゃない!

アーユルヴェーダ資格

最近人気の出てきた アーユルヴェーダ資格には、アーユルヴェーダアドバイザー資格とアーユルヴェーダセラピスト資格があります。ピッタ・カパ・ヴァータの基本のドーシャごとの性質などを学び、アーユルヴェーダを体系的に習得出来る資格です。

この記事は、アーユルヴェーダ資格についてまとめています。

アーユルヴェーダ資格に興味のある方は、参考にして下さい。

より詳細が知りたい方は、公式サイトも合わせてご覧下さい。

アーユルヴェーダ資格を学ぶ時の心得

 アーユルヴェーダの仕事を始めるのであれば、まずはアーユルヴェーダについて学んで資格を取得すると、その後の活動の強い後押しとなります。

アーユルヴェーダセラピストは、日本メディカル心理セラピー協会主催の資格です。

出題内容は、アーユルヴェーダと美容について、アーユルヴェーダを用いたボディケアの方法についてなどです。

アーユルヴェーダアドバイザーは、日本占い師協会主催の資格です。

出題内容は、アーユルヴェーダの基本知識からアーユルヴェーダを用いた体の不調の 対策方法についてと、幅広い内容となっています。

オイル以外のアーユルヴェーダを駆使すべき

 アーユルヴェーダといえば、まずオイルマッサージを思い浮かべる人もいるでしょう。

アーユルヴェーダは、病気の症状を技術的に取り除く西洋医学と違い、より健康的に若さを保ち、長生きしようとする予防医学です。

そのために、医食同源という観点からの食事法ヨガ瞑想に代表される健康法など、日々の生活に根付くことから改善していくのです。

アーユルヴェーダでは、身体は自然のエネルギーから構成されていると考えます。

そのエネルギーのことをドーシャと呼びます。私たちの身体を構成するドーシャは、ヴァータ(風)・ピッタ(火)・カパ(水)の3つのエネルギーに分けられています。

この3つのバランスが取れている状態を健康とします。

誰もが身体の中に3つ全てのドーシャを持っていますが、いつもバランスの取れた状態ではなく、どれかに偏っています。

その偏ったドーシャの特徴があなたの体質ということになります。

私たちの身体の中に3つのドーシャがあるように、食べ物にもドーシャがあり、アーユルヴェーダでは、人それぞれのドーシャに合った食べ物を選ぶということが、とても大事だと考えます。

ヴァータ(風)体質

風と空の要素から構成されるヴァータの人は、風のように軽くてよく動くエネルギーを持っています。

好奇心が強く新しいことに対応できて活発な一方で、気まぐれで飽きっぽい面もあります。

また、神経質で緊張やストレスに弱く不安感や恐怖心が強い傾向を持っています。

身体が冷えやすいヴァータ体質の人は、消化しやすいものを摂りましょう。

生野菜や冷たい食べ物は避け、飲み物は温かいもの、野菜は温野菜を摂りましょう。

食事中もリラックスしてゆっくり食べるようにしましょう。柑橘系の酸っぱいものもおすすめです。

食欲にムラがあり食生活が不規則になりがちですので、間食も含めてしっかり食べるようにしましょう。

ピッタ(火)体質

火と水の要素から構成されるピッタの人は、火のように熱くて鋭いエネルギーを持っています。

情熱的でチャレンジ精神に溢れる一方で、完璧主義で見栄っ張りなところもあります。また、胃腸が強く消化する力も優れているので、食べることが大好きです。

ただ、辛いもの、揚げ物を食べ過ぎて胸焼けや軟便、腹痛を伴う排便など、消化、排泄に症状が出てしまう人もいます。熱中したり、興奮したり、怒りっぽい傾向もあります。

ピッタ体質の人は、身体に熱を溜めやすいので、冷たいものを摂りましょう。

熱性のある食材や辛いスパイスは控え、塩分の多いものは避けましょう。

出来る事なら菜食を目指し、季節柄「火」が強くなる夏は、体調を崩しやすいので、冷たい食べ物、生野菜のサラダ、甘いフルーツ、ドライフルーツを積極的に摂りましょう。

カパ(水)体質

水のように冷たくて重いエネルギーを持つカパの人は、水と地の要素から構成されています。

物静かで忍耐強く、言動もゆっくりしている一方で、大雑把、鈍感という一面もあります。

水の性質上、何事も蓄積させる性格があるので、お金を貯めることに向いています。

カパ体質の人は、あまり食事に影響を受けませんが、比較的脂肪を溜めやすく、太りやすいのです。

なるべくバター、チーズ、油物を避け、代謝をあげるために苦味、渋味、辛味を意識して、炒めたり、温めたスパイシーな食事を摂りましょう。

甘味のある野菜、水分が多いもの、小麦製品、動物性のものは避け、辛口のワインがおすすめです。

生活指導やサポートも欠かせない仕事

 世界最古の医学でもあるアーユルヴェーダが、昨今注目される理由は、現代医学にない治療法があるからです。

現代人の多くが抱える、生活習慣病、肩こり、肥満、ストレスなどの不調を改善できる知恵が豊富にあります。

誰でも手軽に始められ、長続きする健康法ですが、的確な指導と個人に合わせたサポートが必要です。

そこでアーユルヴェーダの資格と知識があると重宝します。

アーユルヴェーダ資格の講座を開く時の心得

アーユルヴェーダは、個人の体質の変化に注目して、その人に合わせたドーシャの視点でケアをしていきます。

その人のドーシャがわかり、体質、思考が理解できると、そこからその人に合わせた癒し、食べ物がわかるので、実際のケア方法もわかってきます。

アーユルヴェーダ資格を取得することで、まずは自分のドーシャを知り、自分のケア方法を理解することで、幸福な生き方が学べることになります。

まずはあなた自身が幸福になってください。その先に、周りの人の幸福が繋がっています。

この記事が、あなたのアーユルヴェーダ資格取得の後押しになれば幸いです。

アーユルヴェーダの知識に基づいたボディケアの方法を理解し、適切に生活に取り入れられるようになる

アーユルヴェーダを活用した生活を取り入れるための指導ができるようになる

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です