取得がゴールじゃない!

風水鑑定士資格

風水鑑定士資格は、風水の基本の考え方、八卦、五行の一定レベルの知識を持ち、風水の観点から住宅を鑑定するスキルを持つ人に認定される資格です。

当記事では、風水鑑定士資格を取得する際に気をつけていただきたいことをまとめています。

より詳細を知りたい方は、公式資格サイトも合わせてご覧ください。

風水鑑定士資格を学ぶ時の心得

 「風水鑑定士」は、今まで「住宅鑑定風水インストラクター」と呼ばれていました。名称が変更になりましたが、資格内容、試験範囲、合格基準の変更はありません。

風水鑑定士資格を取得後は、風水を用いた講師活動なども可能となります。

風水は古来親しまれてきた学問です。風水を生活に取り入れることで、邪気を払い、運気を上昇させられるものとして知られています。

部屋を鑑定して、さまざまな運気を上げるお手伝いができることから、需要も多くあります。

風水の伝統的な知識を活かして自身や周りの方の運気を上げられるように、しっかりと習得しましょう。

運気を下げるものと上げるもの

 風水には運気を下げるものと上げるものがあります。

気の流れが滞ると、運気が低下して体調も悪化することがあります。気の流れは目に見えるわけではありませんが、ちょっと気にかけるだけで運気が上がります。

基本は整理整頓と清潔な環境ですが、以下に特に気を配るといいことをご説明します。

部屋の環境

風水の基本は、掃除と整理整頓です。

風水では、最も気の流れを大切にします。埃やゴミがあると、そこから悪い気が生まれます。その上、部屋に悪い気があると、外からの悪い気まで呼び込んで、一層運気が低下します。

散らかった部屋、物が多すぎる家は、玄関から入ってきた新しい気が部屋のものにぶつかって停滞します。

すると、新しい気を取り入れられなくなり、停滞した気はどんどん悪い気になります。

ぬいぐるみをたくさん置くことは、あまりよくありません。ぬいぐるみは自分の気も吸い取ってしまい、汚れていると悪い気を集めます。

ぬいぐるみを置くのはほどほどにして、定期的なクリーニングをお勧めします。

掃除は欠かさないようにし、ゴミは表に出します。表に出せない時には、蓋付きのゴミ箱に入れて悪い気が出るのを防ぎましょう。

財布を台所に置かない

財布を台所に置くと金運が下がります。風水的には金は水に弱いとされています。

火を使う場所に財布を置くと、金運が燃えてなくなるとされています。財布は暗くて涼しい場所木の箱に入れて休ませるといいでしょう。

壊れたもの・期限切れのもの・枯れた植物を置いたままにしない

壊れたもの、期限切れのもの、枯れた植物は陰の気を生み出してしまうので、放置はやめましょう

ドライフラワーは風水では死んだ花とされます。悪い気を生んでしまうので、生花を飾るようにしましょう。

玄関

風水では玄関はとても重要です。新しい気を取り込むための場所なので、いつも綺麗にして、靴や遊び道具を出しっぱなしにしないことです。

良い気が入ってくるように、鏡を置いて常に明るい雰囲気にして、観葉植物を置くこともお勧めします。

また、悪い気が入ってくるのを防ぐために、玄関マットを敷くといいでしょう。

寝室

風水では、寝室は寝ている間、1日の疲れを取り、明日へのエネルギー補給のための大事な場所です。

ゆっくりと休めるように、物を置きすぎず、シーツ、パジャマ、枕カバーをこまめに洗濯しましょう。

日中の悪い気を持ったままの部屋着では、新しい運気を補給できないので、就寝時は必ずパジャマに着替えましょう。

毛玉のできた古いパジャマでは、布からも悪い気が生まれるので、定期的に新調してください。

寝る時に部屋を真っ暗にすると陰の気が溜まり、寝ている間にその気を吸い込んでしまいます。

常夜灯をつけるか、部屋の隅に間接照明を置き、陰の気が溜まるのを防ぎましょう。

寝室では、鏡の場所も重要です。寝姿が映ると、鏡にエネルギーを吸い取られるので、運が低下し、体調を崩してしまいます。

寝室に鏡を置きたいのであれば、寝姿が映らないように注意してください。

風水では気は頭から吸収されると考えます。日本では避けられますが、北枕にすると仕事運が上がります。

トイレ

風水ではトイレは、仕事運、金運、健康運にとって重要な場所です。

いつも清潔しておきましょう。トイレが汚れていると、全ての運気が下がります。掃除は欠かさないようにしてください。

トイレの蓋を開けたままにしておくと、せっかく良い運気がたまっても流れていってしまうので、閉じておきましょう。

トイレに雑誌や本など紙製品を置くと、それが悪い気を吸い込んで留まります。

雑誌、本、カレンダーは置かずに、トイレットペーパーもあまりストックしすぎないようにしましょう。

仕事環境

自宅だけでなく、職場や仕事部屋のデスクは常に整理整頓しておきましょう。書類が溜まっていると、新しい気が入ってくることの妨げになります。

木製のアイテムは仕事運を上げるので、木製のフォトフレームや時計を置くといいでしょう。

バッグを床に直置きすると仕事運が吸い取られるので、気をつけましょう。

怪しいグッズは取り扱わないこと

 風水をよくするために特定の風水グッズなどは、本来存在しません

提案として、部屋のインテリアの配置を変えたり、どんなものをどこに置くといいか勧めたりするぐらいです。

これを置くだけで風水が良くなるなどというのは、あり得ません。

しっかりと部屋の方角、その他のことを考慮した上でアドバイスするので、万人に共通する特定のものはないはずです。

安易にグッズをお勧めすることは控えましょう。また、グッズを勧めてきたら、安易に信用しないでください。

風水鑑定士資格の講座を開く時の心得

近年、家族とともに過ごす時間が増えたこともあり、自宅や部屋を快適にしたいと、DIYインテリアエクステリアに興味を持つ方が増えています。

風水鑑定士は、風水の視点で気の流れをよくする知識を用いて、家を建てるときリフォームのときにアドバイスします。

実際に現場に赴いて、土地の方角など風水の観点から住宅を鑑定します。

家を建てる、リフォームするということはかなり高い買い物なので、その後の人生においていい影響が出るように、心して鑑定しましょう。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です