取得がゴールじゃない!

トレーニングサポーター資格

トレーニングサポーター資格は、トレーニングサポーターとしての基礎的な知識を身に着け、効果的なトレーニングを適切に指導出来ると認められた人が認定される資格です。

トレーニングサポーター資格はトレーニングの正しい方法だけでなく、最大限に効果を高める食事の摂り方やプロテインの正しい摂取方法などを理解できる面も注目です。

トレーニングサポーター資格試験に関する情報が知りたい方は、日本生活環境支援協会の公式ホームページを参考にしてください。

一人で頑張れない人向けのサポートも

トレーニングサポーター資格を取得する中で、筋トレの正しい仕方や効果的な食事プロテインなど専用の栄養源の活用法など、トレーニングに必要な知識が学べるようになっています。

しかし、他人のトレーニングのサポートをするうえで、知識や技術に加えて大事なことがあります。

それは、他人のトレーニングのサポートをすることです。

一人でトレーニング内容をしっかりと管理して実践できる人にはサポートの必要はありませんが、自分一人で頑張れない人にこそサポートをする必要があり、トレーニングサポーターの出番です。

サポートをする際に重要な要素を以下に列記します。

要素ごとに解説をしていきます。

  • 食事、体重管理のサポートをする
  • 成長が見られたら褒める
  • 自宅でも継続できるメニューを提案する

食事管理や体重管理もするのが理想

トレーニングサポーターとして、ジムなどでの運動メニューを作成・提供することはもちろん、利用者ごとに適した食事管理をすることも重要です。

出来る限り、成果をチェックする目的で体重管理を共有するのが理想です。食事・体重管理において重要な事項は以下になります。

  1. おすすめの献立一週間分を提示する
  2. 便利な管理用アプリの活用もおすすめ

効率よくトレーニングをして、効果を実感するために、食事管理・体重管理は非常に重要な要素となります。

①おすすめの献立一週間分を提示する

利用者の目的を考慮して、理想的な食事の献立を一日三食、一週間分程度提示すると、具体的にイメージしやすくなるのでおすすめです。

例えば、ダイエット目的でジムを利用する方には、カロリーを抑えながらも必要な栄養素をバランスよく取れる献立を検討します。

また筋力アップを第一目標とする方には、良質なたんぱく質が摂れて、かつ吸収をよくするサポート栄養素を取り入れた献立を提供するなどの対応が考えられます。

②便利な管理用アプリの活用もおすすめ

体重管理においては、自分でノートを付けるなどして記録することなどが一般的ですが、面倒に感じて長続きしない方も少なくありません。

そんな方々におすすめなのが、体重管理用のスマートフォンアプリを提案することです。

近年は様々な便利アプリが提供されていて、体重管理用のものも非常に多いです。

中にはトレーナーと利用者とが共有して成果をチェックできるような便利なものも増えています。

トレーニングサポーター自身も様々なアプリを試してみて、使いやすそうなものを見つけたら、トレーニング利用者に提案して共有すると非常に効率的です。

日々の成長に気づくように褒めるのも大切

トレーニングを継続することは、時につらいと感じることも少なくありません。

利用者に満足してもらい、継続してトレーニングを行ってもらうためにはコミュニケーションが重要になる場面が必ず訪れます。

そんな時にトレーナーとしてできることといえば、日々の成長をほめてモチベーションを維持することです。

以下、褒める際に具体的に気を付けるべきことを紹介します。

  1. 数値で成果を提示して褒める
  2. 褒めた後は次の目標を提案

①数値で成果を提示して褒める

トレーニングを行う中で、成長したことを具体的に数値で明示すると、うれしくなりモチベーションが保たれるようになります。

例えば、以前よりも高い重量のダンベルを回数多く扱うことができた場合は、ダンベルの重量上昇数、増加した回数を紙面で明示して渡すと非常に効果的です。

②褒めた後は次の目標を提案

ただ単に褒めるだけでは、自己満足で終わってしまいがちです。数

値を示して成果を実感してもらった後は、次の少し高い目標を提案して新しい挑戦に向けてのモチベーションを持ってもらうように誘導するとよいでしょう。

常にやりがいを感じてトレーニングできるような工夫をしましょう。

在宅でも運動できるような提案を

利用者により成果を感じながらトレーニングをしてもらうために、ジムでの活動だけでなく、自宅でもできる簡単な運動を提案することも、トレーナーとしての魅力を高める要素です。

自宅で行う運動を考える際のポイントを以下に提示します。

  1. ながら運動」のすすめ
  2. 継続しやすいような簡単な内容にする

①「ながら運動」のすすめ

例えば家事をしながら、かかとを上げてふくらはぎを鍛えるなど、自宅での活動の最中に時間をかけることなく行える「ながら運動」が人気です。

トレーナーとして、利用者が痩せたい、あるいは鍛えたいと希望する箇所に効果的な「ながら運動」を提示できるように、トレーニングの方法を多種類にわたって紹介するようにしましょう。

②継続しやすいような簡単な内容にする

別途器具を購入しないと難しいようなトレーニングは、自宅での運動にはお勧めできません。

準備が不要で、短時間ですぐに実践できるような運動方法を提案するようにしましょう。

無理に負荷の大きな運動をするよりも、適度な内容で継続して実践することの方が重要で、より効果的です。

トレーニングサポーター資格を活用してトレーナーとなる場合は、筋肉トレーニングダイエットのための知識を活用し、適切なカリキュラムを組める能力が必要不可欠です。

しかし、それだけではトレーナーとしては不十分で、他人にトレーニングを継続して行わせるための能力が重要なのです。

コミュニケーション能力、メニューを提案する際の分かりやすいプレゼン能力を身につけることによって、人気トレーナーとして利用者からの信頼を集められるでしょう。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です