取得がゴールじゃない!

数秘術資格

数秘術資格は、数字を使って人の運命や性格、相性等を占える数秘術をしっかりと身に付けていることを証明する資格です。資格取得後は、自身だけでなく相談者の人生をより良い方向へと導けるようになります。

数秘術資格を学ぶ時の心得

数秘術は、生年月日名前から割り出した数字を元に、様々な事柄を占える歴史ある占術です。

創始者は、古代ギリシャの哲学者であり数学者でもあるピタゴラスと言われ、古代ヨーロッパやエジプト、中国でも用いられ研究されてきたとされています。

海外発祥の為、名前から数字を割り出す場合はまずローマ字に直してから占う方法が一般的なようです。

数秘術は統計学的要素もあり、正確性が高く人気があります。

数秘術を使って占える主な内容

  • 運命
  • 未来
  • 才能や性格
  • 物事を行うのに最適な日
  • 相性

本来の自分の姿を認識出来るようになり、人生において何をなすべきかが見えてきます。

適職等の診断なども可能で、数秘術を生かすことで、無理なく、それでいて有意義な人生を送れるのです。

数秘術資格に関して3つのポイントを挙げました。

  • 数字で勘違いされないように十分な解説を
  • ラッキーナンバーと相性の伝え方
  • 数秘術資格の講座を開く時の心得

それぞれを見ていきましょう。

数字で勘違いされないように十分な解説を

数秘術では1から9までの数字を使用しますが、数字の大小が結果を左右するわけではありません。それぞれの数字一つ一つが深い意味合いを持っています。

相談者の中には単純に、「1だったから悪い運勢だ」、「9だったから能力が高い」等と勝手に判断する人もいるかもしれません。

相談者には、導き出された数字の持つ意味を細かに説明することが大切です。また分かりやすく伝え、理解してもらう為に、語彙力やトーク力、同調し寄り添うことの出来る力等のコミュニケーション能力も求められます。

相談者の年齢や家族構成、社会的立場等を踏まえ、相手に寄り添い、丁寧に結果を解説することが大切です。

ラッキーナンバーと相性の伝え方

一般的にラッキーナンバーと聞くと「ラッキーセブン」の7や「末広がり」の8が有名です。個人的なラッキーナンバーを決めている人も多いでしょう。

数秘術においては、自身の内面を表す数字をラッキーナンバーして、生年月日を基に導き出せるようになっています。そして自身の数字と相手の数字相性がわかります。

夫婦や親子、上司と部下や友人同士等、様々な関係性も数秘術の対象です。

人生において人間関係に悩まない人はいないでしょう。職場や学校、家庭内等で円滑な人間関係を構築することで、自身の人生もより豊かになっていきます。

関係を深めたい場合や修復したい場合、親戚等切っても切れない縁の人との接し方や距離感等、数秘術においての相性診断はとても参考になるでしょう。

相談者へ伝える際に大切なこと

相談者へ伝える際には、相談者の数字の特性と相手の数字の特性、それぞれを説明した上で関係性を解説すると、より理解が深まるでしょう。

数秘術資格の講座を開く時の心得

数秘術資格を取得することで、これから占い師として活動したい人や、趣味で自身の生活や人生に生かしたい人に向けて数秘術の講座を開くことも可能です。

数秘術の講座を開く方法は、代表して以下が挙げられます。

  • 個人の自宅や貸し会場にて講座を開講
  • インターネット上に占い講座のサイトを開設 等

また地域のカルチャースクールや占い師養成学校等に元々ある講座で、プロの占い師として講師活動をするのも良いでしょう。

数秘術の講師として活躍している人は、大半が現役の占い師として活動しています。

実際に相談者に対面し占ってきた実践経験があると、講座はより具体的で実践的になり、生徒へ伝えられる情報も多くなります。必然的に、講師として人気が出てくるでしょう。

数秘術資格を身に付けると、相談者だけでなく自身も占えるようになり、無理がなく自分に合った有意義な人生が送れるでしょう。

また相談者の話に耳を傾け、癒し、行動の後押しをしたり、適切なアドバイスをする経験を積んだりすることで、自然とコミュニケーション能力も培われるでしょう。

自他含め人生を豊かにすることの出来る数秘術資格取得にぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

数秘術に関する資格は、数秘術を体系的にしっかりと身に付けていく必要があります。

そして相談者との対面において、語彙力やコミュニケーション能力も求められます。

以前は数秘術セラピストと呼ばれており、数秘術を用いて占うだけでなく、相談者の話をよく聞き、悩みに寄り添い癒す側面もあります。

以前は数字占いアドバイザーと呼ばれており、占いに加え、その結果を踏まえて適切なアドバイスが出来ることが求められます。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です