取得がゴールじゃない!

介護食資格

介護の現場では、日々提供されるのが「介護食」です。介護食をより美味しく、楽しく食べてもらえるか、介護が必要な人の栄養状態改善のために必要な正しい知識と調理技術とは?それらを学ぶ「介護食資格」は、今求められる資格でもあります。

介護食資格の人気と需要

最近特に注目を集めている介護食資格ですが、なぜこれほどに人気があるのでしょうか?

それは、時代がまさに介護食の知識を持った人を求めているからです。

介護の現場で生かされるスキル

年を重ねると、飲み込む力や噛む力がだんだんと衰えていきます。

いつもの食事ができないと、食欲がなくなり、栄養状態も悪くなってしまうでしょう。

また、食事をしないことで筋力が落ち、誤嚥の原因にもなります。

これらを防ぐことを目的に調理されたものが、「介護食」です。

段階にあわせた調理法

介護食は、噛む力や飲み込む力によって段階があります。

食事は、毎日のことなので、その人のストレスにならないような介護食を提供して楽しい食事から、栄養を摂取するのが大切です。

介護食の種類

介護食の種類食事例介護される人の特徴
流動食スープ・重湯噛む力と飲み込む力が低下している人 病気や術後など消化する力が低下している人
嚥下食ゼリー状・ムース状・ペースト状飲み込む力が低下し誤嚥の可能性がある人
ミキサー食ポタージュ状・噛む必要がない舌を使い食事をまとめる・飲み込む力がある人
ソフト食歯茎や舌でつぶせる程度の柔らかい食事噛む力は弱いが、舌や歯茎でつぶせる人
きざみ食噛みやすいように食材を小さくきざんだ食事飲み込む力があって噛む力が弱い人 口が大きく開けにくい人

食事は健康の源

毎日の食事は、栄養を摂取するだけではありません。

美味しい食事はこれらの作用も果たします。

  • 認知症予防
  • 心の安定
  • 楽しみ

介護食資格は、そういった介護の現場に必要な資格です。

調理だけでなく食事介助も必要

1人で食事ができない高齢者にとって、食事介助も重要なポイントです。

介護食資格では、食事介助についても学びます。

食事介助の必要性①味覚や嗅覚の衰え

年を重ねると、味覚や嗅覚もだんだんと衰えていきます。

それによって、このような事態を引き起こします。

  • 味を感じる細胞の減少により濃い味付けを好む
  • 食事が楽しめなくなり食欲の低下

そのために、何時にどれくらい食べたかという介護職員の食事管理が必要になります。

食事管理により、これらの役割が果たされます。

  • 食べすぎの防止
  • 栄養不足の予防
  • 健康維持

食事介助の必要性②噛む力の衰え

歯がなくなったり、あごの力が弱くなったりしてしまうと、噛む力も衰えていきます。

そうなると、こうなってしまいます。

  • 柔らかい物ばかり食べる
  • 食事の幅が狭まる

これが原因で、栄養に偏りが生じます。

これを防ぐため、その人にあった固さ、サイズ、柔らかさを考えた介護食が必要になります。

食事介助の必要性③嚥下障害

食べ物や飲み物を飲み込めなくなる障害を「嚥下障害」といいます。

のど、気管、食道の神経と筋力の衰えが原因とされています。

嚥下障害から引き起こされるトラブル

嚥下障害からくるトラブルにはいくつかあります。

  • 窒息
  • 脱水症状
  • 誤嚥性肺炎

これらのトラブルを防ぐのも介護食の重要なポイントです。

正しい食事介助方法

食事介助においてポイントは4つです。

ポイント説明
介助者の位置介助者は目線を同じようにする位置に座る 立って食事介助を行えば誤嚥のリスクになる 座る位置は、介助される人の正面ではなく横に座る
水分補給食事の前は水分補給をして口を湿らせておく 食事の合間でも水分補給をこまめにして、口を潤して飲み込みをスムーズにする
提供方法1回の食事量は介助用スプーンに軽く1杯が目安。 スプーンは、口の手前にいれる 口を閉じるタイミングでスッとスプーンを抜く 飲み込むまでしっかりと確認して、急かさないようにする 声かけも大切で「次は、○○を食べましょう」というように食べ物の種類を伝える
食事の時間食事の時間は30分を目安にする それ以上かかると疲れるので、できれば30分で終わらせるようにする ただ、個人のペースに合わせるのが大切なので、急かしたりしてはいけない

食後のケアも合わせて介護食

食事が終わってからも、ケアが必要です。

食後に重大な事故の危険もあるので、常に意識をもつようにしましょう。

食後のケア説明
食事内容の確認時間、残飯の量、その日の食事内容を記録する 食べ物の好き嫌いも記録しておくといい
口腔内の確認義歯の洗浄・歯磨き・口腔内を清潔に保つ 口に何か残っていると誤嚥や窒息の危険がある
食後30分から1時間は体を起こしておく食後すぐに横になるのは危険

介護食でお年寄りをサポートしよう

介護食資格は、食べること飲み込むのが難しくなった高齢者を介護に役立つ資格です。

介護の現場では欠かせない、重要な資格でしょう。

介護食を学ぶことで、より快適で楽しい食事が提供できるようになります。

あたなも介護食資格を生かしてみませんか?

介護の現場ですぐに役立つ介護職の総合的な知識が身につけられる。

介護食が果たす役割や作り方の体系的な知識が得られる。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です