取得がゴールじゃない!

ドッグトレーニングアドバイザー資格

ドッグトレーニングアドバイザー資格は、家庭の犬のしつけについて基礎的な知識や、トレーニング手順など、確実に身に付けている事を証明する資格です。

犬のしつけにまつわる悩みは、多くの飼い主が抱えています。その問題を解決に導く、ドッグトレーナーは注目されている資格です。

この記事では、ドッグトレーニングアドバイザー資格で習得できる事などについて、少し詳しくまとめていきます。

より詳細な内容は公式サイトをご確認下さい。

ッグトレーニングアドバイザー資格を学ぶ時の心得

犬の飼い主は、どのような事を犬にしつけたいと望んでいるのでしょうか?

犬のしつけ内容

犬のしつけとして代表的な方法を見ていきましょう。

  • おすわり、まて、伏せなど基本的なコマンド
  • 玄関チャイムへの過度な反応。来客への飛び掛かり、噛みつき、興奮の抑え方等、来客時対応
  • アイコンタクトの取り方
  • 無駄吠えさせない
  • 決められた場所で排泄させる
  • 留守番時の過ごし方

ドッグトレーニングアドバイザー資格を学ぶことによって、飼い主からの要望にも応えられるようになります。

犬より人に学ばせる必要があるかも

犬のしつけは人間の責任です。

犬をしつける前に、人間側にも学ばなければいけない事があります。

【1】犬の問題にしない

犬には高い学習能力があります。学ぶには教育が必要です。飼い主側に学ばせるだけの手腕がなければ、犬は学習できません。指導能力を磨く必要があるのです。

【2】しつけは愛犬を守る手段

無駄吠えで近隣に迷惑をかけたり、噛みつきなどで人や動物に危害を加えた場合、最悪の場合は保健所などに送られて、お別れをしなければなりません。

不幸な結果とならない為にも、トレーニングが必要なのです。

3】叱ることと怒る事は違う

人間の子供もそうですが、感情的に怒っては恐怖しか与えません。ただ萎縮してしまうだけです。暴力などを振るうのはもっての他で、虐待に繋がってしまいます。

冷静に叱る事は、犬の為を思っての行為であり必要な事です。

犬に言葉は通じませんので、冷静に心を込めて叱る事が大切です。

4】犬にはリーダーが必要

犬の祖先はオオカミです。オオカミは群れで暮らします。犬も群れで行動したがり、リーダーを求めます。

家庭犬にとってのリーダーは飼い主です。リーダーとして存在することによって、犬は後に続きます。

犬の生態や個体ごとの性格に合わせたしつけを

犬の生態を知り、個体による性格の違い、また犬種によっての生まれ持っての気質などを把握することによって、より良いトレーニングの近道になるでしょう。

遺伝的に分けられた犬種グループと性格

グループ犬種特徴
トイチワワ、パグ、ポメラニアン、シーズー、パピヨン、ペキニーズ等大型犬をペットとして飼う為に小型に改良したものが多い。しかし、恐怖心や攻撃性が強い傾向がある。
スモールテリアヨークシャーテリア、ジャックラッセルテリア等気が強く、独立心が強い。しつけが難しい犬種
ワーキンググレートデン、グレートピレニーズ、シベリアンハスキー、セントバーナード、ボクサー、ゴールデン&ラブラドールレトリバー等飼い主への愛着傾向が強く、訓練性が高い

ドッグトレーニングアドバイザー資格の講座を開く時の心得

ドッグトレーニングアドバイザー資格を取得すると、自宅やカルチャーセンターなどで講師としての活動の道もひらけます。

ドッグトレーナーになりたいという方へ、様々なアドバイスと知識を伝えるやりがいのある仕事が可能になります。

ドッグトレーナーに求められる人物とは

ドッグトレーナーは人気の資格ですが、どのような人物が向いているのでしょうか?

犬と触れ合う時間が大半なので、犬が好きなのは大前提の事柄です。その気持ちがなければ、トレーナーは続けられません。

犬の行動や生態を知り、よく観察する事も大切です。

また、競技ドッグなど、アジリティの訓練などを必要とする場合もある為、体力や瞬発力などもある程度必要です。

飼い主からの相談を受けてから、トレーニングする事も多いので、コミュニケーション能力も求められます。

ドッグトレーナーの1日

出勤・ミーティング

預かっている犬のご飯や散歩などのお世話

しつけ教室などの開催。接客対応。

出張トレーニングまたは、店舗があればその場でのトレーニング

事務作業、店舗があれば清掃など

ドッグトレーナーの大変さ

  • 思い通りにいかない仕事→言葉が通じない犬が相手の為、何度教えても伝わらずうまくいかない
  • ハードワークで体力が必要→トレーニングの他に、掃除や散歩などの力仕事も多い

この様に、トレーナー自身の根気強さ粘り強さ忍耐力も必要となります。

ドッグトレーナーの魅力

  • 飼い主に喜んでもらえる→しつけを通じて、飼い主に喜んでもらえ、感謝されることもある。犬だけではなく、飼い主との信頼関係も結ばれる
  • 犬の生態などについて深く知る事ができる→犬とのふれあいによって、犬の感情も読み取れるようになり、生態への理解も深まる
  • 犬の成長を見守る事ができる→自分のトレーニングによって、犬のできる事が増え、成功を褒めるで犬が喜び、明るくなる事もある。その様な姿を間近で見る事は、トレーナー自身の喜びに繋がる

ドッグトレーナーの仕事は、楽しい事ばかりではありません。しかし、それ以上に喜びややりがいもたくさんあります。

ドッグトレーニングアドバイザー資格を取得することによって、トレーナーを目指す方へ様々な知識を共有できるようになります。この記事を参考にして、是非目指してみては如何でしょうか。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です