取得がゴールじゃない!

カフェオーナー経営士資格

カフェオーナー経営士資格は、カフェを経営する上で必要な知識を持ち、実務で使う知識が身についていることを認定する資格です。

自分こだわりの珈琲を出すお店を出したいと夢を持っている人に役に立つ資格が、カフェオーナー経営士資格です。

この資格取得のために勉強をしたことは、そのままカフェオーナーとしての知識に結びつきます。

より詳細な内容は資格公式サイトをご確認ください。

カフェの回転率と収益を考える

カフェのオーナーになるため特別な資格取得が必要なわけではありません。アルバイトとしてカフェに勤務し、経験を積んでカフェオーナーになることも可能です。

しかし、カフェはお客様一人当たりの単価が安いという特徴があります。

回転率もそれほど良くはないため、カフェオーナーの手腕次第でカフェの存続が危うくなってしまいます。

カフェを開いても、長続きさせるには、いろいろな工夫が必要になります。

カフェオーナー経営士資格では、カフェの回転率と収益を考えるために、以下の事柄を学べるようになっています。

  • 長く愛されるお店にすること
  • 既存客と新規客を両方大事にすること
  • 衛生面と過ごしやすさ

それぞれ見ていきましょう。

長く愛されるにはお店は潰せない

カフェには様々な形態があります。

  • 飲み物中心
  • レストランの要素を取り入れたところ
  • 漫画やパソコンが利用できるカフェ

カフェは非常に店舗数が多く、日本全国至る所にあります。カフェの形態は違っても、多くの利用客が訪れるのは、居心地が良いカフェです。

落ち着ける空間で居心地の良さを感じられる場所であれば、つい立ち寄ってしまいたくなります。

お客様に愛されるお店になると、長くお店を継続されることになります。お客様に愛されるお店作りをするにはどうすべきか。

  • 他店とは違うオリジナリティの出し方
  • 独自のメニュー作り
  • くつろげる空間づくりのためにすべきこと
  • 宣伝方法

このような知識のほかにも、カフェオーナー経営士資格では、お店を継続させるコツを習得できるようになっています。

既存客と新規客を両方大事にすること

お店の売り上げを上げるためには、既存客と新規客のどちらを大切にすると良いのでしょうか。

新規客を取り込むことは、既存客を大切にすることよりも難しいです。

新規客にリピーターになってもらうためには、既存客にかかる5倍以上のコストと労力がかかると言われています。

しかし、ほかの飲食店に比べて一人当たりの客単価が低いカフェでは、既存客と新規客を両方大事にすることが重要です。

資格取得を目指して学ぶことによって、このように既存客と新規客を両方大事にするポイントも学習できるようになっています。

衛生面と過ごしやすさを大切に

カフェは見た目が非常に重要視されます。通りがかりのカフェの見た目が良いと、ついふらっと入りたくなりますよね。

ただし、見た目を重視しておしゃれな空間にしていても衛生面に問題があると、2回目の来店はないと思われてしまいます。

店員がおしゃれなユニフォームで揃えていても、髪の毛が乱れている、ネイルが剥げかけているなど、衛生的に疑わしい点があれば不快な気持ちになってしまいます。

カフェの衛生面で気を付けることは以下の通りです。

  • きれいなホール
  • 食器やグラスのキレイさ
  • トイレのきれいさ
  • スタッフの身だしなみ
  • スタッフの華美過ぎない服装

お客様は、お店の隅から隅までを見ています。たった一つでも不快なことがあれば、居心地が悪いカフェだと感じ、お客様は二度と行きたくないと感じます。

飲食店の中でもカフェオーナーは比較的敷居が低いのです。珈琲が好きだから将来は自分のカフェを持ちたいと思っている人もいるでしょう。

独学でカフェオーナーとしての勉強をしても、経営のスキルを身に着けることは難しく、独学での勉強は限界があります。

資格取得の勉強をすることで、カフェ開業の知識のほかに長くお店を継続させるためのコツ、お客様から愛されるカフェになる知識なども学べるのです。

カフェオーナー経営士資格の勉強をすると、カフェオーナーはもちろんのこと、資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動としての道も開けますよ。

美味しい珈琲の淹れ方も習得できるので、自分で入れた美味しい珈琲も楽しめ、友人や知人にふるまってもその味に喜ばれるでしょう。

このように、カフェオーナー経営士資格は実務でもプライベートでも役立てられるので、この資格を学ぶ魅力を理解頂けたと思います。

当記事を参考に、カフェオーナー経営士資格の資格取得にチャレンジしてみては如何でしょうか。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です