取得がゴールじゃない!

西洋占星術士資格

西洋占星術士資格とは、西洋占星術についてのノウハウや歴史を基礎から学んでいく資格です。この資格を取得することで、周りの人や自分自身の運勢・性格といったものを占えるようになります。

以前は「西洋占星術アドバイザー」と呼ばれていましたが、現在の名称は「西洋占星術士」となっています。なお、合格の基準や学習範囲には影響ありません。

ここでは主に、西洋占星術士として占いや講座を行う上でのコツについて紹介していきます。

より詳細な内容を知りたい場合は、資格公式サイトも合わせてご確認ください。 

西洋占星術士資格を学ぶ時の心得

ここでは主に、下記の項目について詳しく紹介していきます。

  • 西洋占星術以外の占いを並行して習得するメリット
  • 西洋占星術における、鑑定レポートの必要性
  • 西洋占星術士の講師として、生徒に伝えていくべきこと

一つずつ順に見ていきます。

他の占いと合わせて鑑定すると興味深い結果に

西洋占星術は非常にすぐれた占術ですが、万能ではありません

時には他の占術を組み合わせることによって、占術の弱点を補えることになります。

タロットカード占いとの組み合わせ

西洋占星術はそれ一つでもさまざまな面から占える占術です。

しかし、西洋占星術では分からないことも確かに存在します。

例えば、「あの人は私のことをどう思っているのか」という質問を受けたとします。

実は、西洋占星術ではこちらの疑問を解決できません

西洋占星術は、その人自身の運命運勢といった「本質」を占うものだからです。

しかし、この疑問に答えられる占いが存在します。

その一つがタロットカード占いです。

タロットカードを使用した占いでは、自身が今とるべき行動や、他人の心理といったものが占えるのです

西洋占星術は、運気を改善する方法の指南に向いています。

しかし「今どうするべきか」「相手は何を思っているのか」といった、運勢や運命とは少し違う分野の相談にはあまり向いていません

逆に、タロットカード占いでは「今すべきこと」といった具体的な事柄にも対応できます。

そのほか、誕生日のわかっている人同士の相性を占うのには西洋占星術、わからない場合はタロットカード占いといった使い分けもできます。

複数の占いができることのメリット

さまざまな占いの手法を知っておくことで、どんな悩みにも対応できる占い師を目指せることになります。

複数の占い手法を持っている占い師というのは、とても重宝される存在です。

相談者の悩みに幅広く応えられる占い師となるためにも、さまざまな占いを学んでみると良いでしょう。

多角的に運命や運勢を見ていけるようになることで、きっと占いの楽しさも増すはずです。

分かりやすく伝えるレポートがあるといいかも

西洋占星術では、さまざまな事柄が結果に現れます。

しかしそれを全て口頭で伝えられても、相談者にとっては覚えるのが難しいことも。

鑑定レポートを作成するメリット

西洋占星術でおすすめなのは、占いの結果を示した鑑定レポートを相手に贈ることです

相談者はレポートの存在によって、より理解が深まり、占いを終えたあとも繰り返し見て復習できるようになります。

鑑定レポートにはどのようなことを記載するか

レポートに記載する内容の例は、以下の通りです。

  • ホロスコープの結果
  • ホロスコープに見られる特徴
  • 相談者の強み
  • 相談者の信念
  • 相談者に向いている仕事
  • 相談者の両親や恋人のこと
  • 人間関係における立ち位置、人間関係で注意するべきこと
  • 本人自身も気づいていない、相談者の人格や性格

鑑定レポートの注意点

占い初心者の方や占いの用語に詳しくない方は、専門用語の多いレポートだと戸惑ってしまうかもしれません。

レポート上に記載する内容は、占星術に詳しくない方でも分かりやすい文体を心がけると良いでしょう。

西洋占星術士資格の講座を開く時の心得

西洋占星術士として生徒に伝えるべきことは、「占いの目的は占うこと自体ではなく、占うことで相手を良い方向へ導くことである」ということです。

西洋占星術は、相手の基礎的な情報だけで、さまざまなことがわかる占いです。

しかし、占いを行った際相手が不安になることばかりを無責任に伝えるのは良くありません。

もちろん、時にはあまり良くないと感じる結果も見られるでしょう。

しかし、そういった際にはただそのまま伝えて不安にさせるのではなく、これからこうしていけば大丈夫」といったアドバイスを伝えることが大切です。

占いの結果を淡々と伝えるのではなく、どのように伝えたら相手のためになるかを考えていくのが良い占い師と言えます。

ここでは、西洋占星術士資格を取得する上で知っておくべきことを紹介してきました。

資格を取得しこの仕事を行っていく上では、下記の項目を念頭に置いておくことが大切となります。

  • 相談者の悩みに幅広く対応できるよう、西洋占星術以外の占いも習得しておくと良い
  • 他人を占う際は、鑑定レポートを作成すると伝わりやすい
  • 西洋占星術を行う中では、占いの結果をただ伝えるのではなく、相手のためになることを意識してアドバイスなどを行っていく必要がある

この記事を参考に、西洋占星術士資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です