取得がゴールじゃない!

むくみ改善インストラクター資格

リンパの流れが滞るとむくみ冷え性など、様々な悪影響がありますが、それを改善するためのリンパケアを中心した知識が体系的に学べるのがむくみ改善インストラクター資格です。ここではむくみ改善インストラクター資格の学習内容を掘り下げて紹介していきます。

より詳細な内容を知りたい方は、ぜひ資格公式サイトもご覧ください。

むくみ改善サプリを飲む前に

現在ドラックストアなどでサプリメントがいろいろと販売されており、手に取る方も多いです。

そのためむくみ改善サプリは手軽に手に入るため、摂取されている方も多いのではないでしょうか。

むくみ改善インストラクター資格で学べることは、大きく分けて下記の3つの項目です。

  • 食事と睡眠でカバーできないか提案する
  • 怪しい商品やリンパケア用品は勧めないこと
  • 無理に痛いリンパケアはしないように

1つ1つ詳しく見ていきます。

食事と睡眠でカバーできないか提案する

サプリを使用して一時的にむくみを取っている方には、食事と睡眠で根本からアプローチし、むくみをカバーできる方法を提案しましょう。

むくみを食事でカバー

むくみとは身体の水分バランスが崩れ、細胞間に水が溜まっている状態です。食生活での原因としては、塩分の過剰摂取たんぱく質の不足で、身体がむくみます。

むくむ原因が食生活にある場合、どのような食品がむくみやすいのか一覧にしてみました。

むくみの原因になる食事の一例

  • ラーメン
  • インスタント食品
  • スナック菓子
  • ジャンクフード
  • 梅干し
  • 漬物

上記の食事がむくみやすいと言われていますが、この食事には共通していることがあります。

それは塩分が多いということです。

塩分を多く含んだ食事が多い方は、その食材を減らすことでむくみが改善方向に向かう可能性があります。

続いてむくみ改善に良い食材を一覧でみてみましょう。

むくみにくい食材

  • アボカド
  • レモン
  • 大豆
  • 生姜
  • ほうれん草

上記の食材を積極的に食事に取り入れてみてください。

むくみにいいとされる栄養素も含め取り入れるとさらに良いのでいくつか紹介します。

  • カリウム

 余分な塩分を体外に排出し血圧を下げる作用があります

 便秘解消筋肉心筋の活動を正常に保ちます

 多く含まれている食べ物:バナナ、サトイモ、ホウレンソウ、かぼちゃ、肉類、魚類

  • クエン酸

 代謝の促進血流促進疲労回復の作用があります

 女性に嬉しい美肌効果ダイエット効果もあります

 多く含まれている食べ物:梅干し、レモン、オレンジ、酢

  • ビタミンE

 血行促進作用と余分な水分と老廃物の排出作用があります

 生活習慣病や老化防止効果があります

 多く含まれている食べ物:アーモンド、植物油、うなぎ、たらこ、アボカド

  • ビタミンB6

 生理前のホルモンバランスを整えてくれます

 疲労回復の効果もあります

 多く含まれている食べ物:バナナ、さんま、まぐろ、レバー、納豆

むくみを睡眠でカバー

むくみを睡眠でカバーするには、質の高い睡眠をとることが最も重要です。

質の高い睡眠をとる4つのポイントを実践してみてください。

  • お風呂にゆっくりつかる

 40度くらいのぬるめのお湯にゆっくりつかりましょう

 血行が促進されリラックスします

  • 眠る前にストレッチを行う

 身体を動かすと筋肉の緊張がほぐれます

  • 夜更かししない

 最も成長ホルモンが分泌されるといわれる睡眠のゴールデンタイムといわれる22時から26時に睡眠をとりましょう

  • 足を少し高くして寝る

 10センチ~15センチほどのタオルや枕を足の下に敷いてねましょう

 重力を利用し寝ている間の下半身の血行促進を行います

怪しい商品やリンパケア用品は勧めないこと

むくみ改善インストラクターとして、むくみ改善を謳っている怪しい商品やリンパケア用品は勧めないようにしましょう。

むくみ改善インストラクターは、リンパケアに関する基礎知識を十分に理解しているはずです。

商品や用品でむくみを改善させるのではなく、今後も悩むことのないよう根本からアプローチしていきましょう。

改善できる悩み

  • むくみの軽減
  • 自律神経の安定によるストレス軽減
  • 不眠症の改善

指導できる内容

  • リンパの流れをよくするヨガやセルフストレッチの方法
  • ツボ押し
  • 入浴や睡眠などの日常生活に取り入れられるリンパケア

上記のように困っている方に必要な指導をしましょう。

無理に痛いリンパケアはしないように

むくみ改善インストラクターとして指導する際は、リンパケアの力の強さに注意するように伝えましょう。

リンパケアに慣れてくると気持ちがいいのでグリグリ押してしまいがちです。

しかしリンパケアは効果が高いだけに、危険性もあります。

身体にはたくさんのリンパ管があります。

誤って刺激をしてしまうと、急激に血圧を下がったり、組織が壊れて炎症が起こってしまったりなど、悪影響を及ぼす可能性があります。

一歩間違えてしまうと大きなリスクになりかねないので、自分自身でリンパケアを行う際は優しく、優しく行うよう指導しましょう。

これまでの解説をまとめると、むくみ改善インストラクター資格は、むくみ改善やリンパケアについて詳しく学べる資格です。

むくみをサプリなどで解決させるのでなく、むくみ改善インストラクターとして、リンパケアの方法や効果などを伝えられるという事が、おわかり頂けたかと思います。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です