取得がゴールじゃない!

ペットトリミングアドバイザー資格

ペットトリミングアドバイザー資格は、犬や猫のトリマーについて、基礎的な知識、トリミングの手順の知識を習得している証明となります。ペットトリマーになりたい方のスキルの証明にもおすすめの資格です。

ペットトリミングアドバイザー資格について、少し詳しくまとめています。

より詳細な内容については、是非公式サイトをご覧下さい。

ペットトリミングアドバイザー資格を学ぶ時の心得

いろいろな学問や資格なども、学び方を間違えると、学習効率がわるくなります。

ペットトリミングアドバイザー資格を学ぶ際の注意点や心得などを見ていきましょう。

ペットトリミングアドバイザー資格の学習内容

  • ミックス犬、子犬、大型犬、シニア犬、純血種別、猫など、その種類に応じたトリミング方法
  • 動物全般の知識
  • 独立開業に向けて、店舗運営に関する知識や実務

資格取得で目指せる職業

  • トリマー→犬や猫を中心に、動物の毛や爪などの手入れを行う
  • ペットトリミングアドバイザー→動物に対するトリミングはもちろん、体調や見た目を整える。ペットは多種多様なので、多くの知識が必要
  • トリマー開業インストラクター→主にトリミングサロンの開業に関するノウハウの伝授が仕事。トリミング技術だけではなく、サロンの開業方法の具体的な技術を教える。
  • ペットショップスタッフ→店頭にいる動物の世話と販売。お客様の接客。

もっとかわいい犬猫になってもらう

犬猫をトリミングする目的は、清潔を保つ為や、体調管理などもありますが、人間の美容院と同じように、見た目を可愛らしくするという点も大切です。

人気のカット方法

犬種によってそれぞれですが、代表的な人気犬種のカット方法だけでも数種類あります

トイプードル

テディベアカット口周りがふんわりとしていて、テディベアのような見た目
ラムカットプードルのポピュラーなスタイル。顔、足先、尻尾の付け根を短く刈る、子羊のようなカット
ムスタッシュラムカットのように、バリカンで目の下から頬にかけて刈り、口元を丸く残すカット
ブレス足先に丸いブレスレットをつけたような、おしゃれなスタイル

マルチーズ

定番のまんまる顔カットシーズ一番人気の、顔を丸くカットしたスタイル
ちょんまげヘアー頭の毛を伸ばして、ちょんまげのように結ったスタイル。リボン等を付け更に可愛く
ショートスタイル全身にバリカンをかけて仕上げるスタイル。手入れが楽で、夏も快適
まんまるお顔カット身体の毛を長めに残したスタイル。とても上品な印象に

ヨークシャーテリア

ヨーキーのシュナウザーカットミニチュアシュナウザーのようにカットしたスタイル
ツインテール風カット耳の先に飾り毛を残したスタイル。女の子らしいカット。
ヨーキーの定番カット耳の飾り毛から顔の輪郭をつなげるカット。耳先にバリカンをいれる定番スタイル
まんまるお顔カット耳と顔をわけて、お顔をまんまるにカット。すっきりとして可愛らしいスタイル

流行もその時々で変化します。常に情報を取り入れて、技術を向上させる事も大切です。

季節に合わせた毛の長さに|ブラッシング

トリミングの必要な犬種の場合、毛は生涯伸び続けます。

毛の質によっては、絡まりやすくなり、毛が団子状態になって、見た目や衛生面も良くありません。

また、夏場は人間と同じく、動物の体も蒸れてしまいがちです。

日々長時間の手入れが可能な飼い主ならば、夏場でも毛の長い状態を保てますが、大抵は難しいです。

猛暑など、日本の夏は湿度や温度が高いので、犬にとっても長毛はストレスになる場合があります。

また冬場は、寒さが苦手な犬も多く、被毛がコート代わりになります。少し長めにして保温性を高めると犬にとっても快適です。

暑さが苦手な犬種

  • 体温調節が苦手→フレンチブルドッグ、パグ、ペキニーズ
  • 肺が大きく熱がこもりやすい→ラブラドール&ゴールデンレトリーバー
  • お散歩の際、熱の反射を受けやすい→ミニチュアダックスフント、ウェルシュコーギー
  • 寒い地方原産の犬種→シベリアンハスキー、サモエド、柴犬、ポメラニアン、シェルティー

寒さが苦手な犬種

  • チワワ→体高20センチ、体重2,3キロと超小型犬
  • トイプードル→ふわふわとした見た目で寒さに強そうに見えますが、シングルコートで密度がない為、外気の影響を受けやすい
  • ヨークシャーテリア→小型犬で、被毛が細いシングルコートの為、寒さに非常に弱いです。夏場より被毛を2,3センチ長めにし、更に洋服を着せる事をおすすめします

ペットトリミングアドバイザー資格の講座を開く時の心得

ペットトリミングアドバイザー資格を有していると、自宅やカルチャーセンターなどで講師としての活動も可能になります。

ペットトリミングアドバイザーの講師として働くには

  • トリミング技術を身に付け、仕事の経験を重ねる
  • ペットの体調、健康管理などの疑問を解消する為、トリミング技術以外の、幅広い知識が必要
  • ペットの種類ごとのトリミング知識を身に付ける
  • ペットの心理面なども学んで、ペットを深く観察する高い注意力が必要

ペットの悩みを解消

ペットと暮らしていると、様々な悩みが生じます。

  • ペットの病気に対する不安→清潔を保つ事で防げる病気も
  • ペットが高齢になった時のケア方法→高齢犬は被毛に艶がなくなり、皮膚炎などにかかりやすくなる為、年齢に応じたケアをする事で快適さを保てる
  • 怪我防止方法→爪の手入れや、カット方法次第で床での転倒などを防げる

等、トリミングで飼い主の不安や悩みを解消できます。

現在トリマーとして活躍される方、更に知識を深めたい方は、ペットトリミングアドバイザー資格にチャレンジしてみては如何でしょうか。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です