取得がゴールじゃない!

動物介護資格

動物介護資格は、介護を必要とする犬猫などのペットのケアをする資格です。ペットの健康管理や、高齢や病気などで生活面全般の介助が必要になったペットの世話をする為の専門的な知識を身に付けられます。

ペットの高齢化や、ペットの飼い主も高齢になってしまい、老々介護などの問題も生じています。

ここでは動物介護資格について詳しく説明していきます。

動物介護資格を学ぶ時の心得

ペットを飼う人からの需要が高まっている動物介護資格を得るためは、そのために押さえるべきポイントがあります。

動物介護士の仕事内容とは?

  • 体調の管理(食事、運動)
  • 床ずれ防止の為の体位替え
  • マッサージ
  • 排泄管理(おむつを交換したり、介助しながらの排泄)
  • 清潔を保つ為のグルーミングやシャンプー、爪切り
  • 噛みつきなど介護に支障が出る犬のしつけ
  • 飼い主の心のケアや相談

この様に動物介護士の仕事は多岐に渡る為、幅広い知識を身に付ける必要があります。

また話せない動物を相手にする為、忍耐力や観察力も必要です。

犬猫を飼育する全ての人間が学ぶべきもの

人間と同じ様に、犬や猫もやがて年老いていきます。そのスピードは人間よりも遥かに早いのです。

ペットが一生を終えるその時まで、またどの様な状態になっても、愛情と責任を持った世話が必要です。

適切なケアをする為にも動物介護資格は役立てられるような内容です。

犬猫の平均寿命

  • 犬→約12~15年
  • 猫→約10~15年

犬猫の平均寿命は医療の充実や栄養状態が良いなどの理由で、年々伸びてきています。

その為介護の問題も、注目される様になってきました。

犬猫の年齢を人の年齢に当てはめた場合

人の年齢に当てはめて考えると、いかに犬猫が人より早く歳を重ねてゆくのかがわかります。

犬の年齢人の年齢猫の年齢人の年齢
1歳15~18歳1歳13~18歳
2歳22~24歳2歳24歳
3歳27~28歳3歳28歳
4歳31~33歳4歳32歳
5歳36~37歳5歳36歳
6歳41~42歳6歳40歳
7歳45~46歳7歳44歳
8歳48~51歳8歳48歳
9歳54~55歳9歳52歳
10歳56~60歳10歳56歳
11歳63~64歳11歳60歳
12歳68~69歳12歳64歳
13歳71~73歳13歳68歳
14歳77~78歳14歳72歳
15歳80~82歳15歳76歳
16歳85~87歳16歳80歳
17歳89~91歳17歳84歳
18歳93~96歳18歳88歳
19歳98~100歳19歳92歳
20歳100~105歳20歳96歳

ペットの介護が必要となる場合

  • 病気、または不慮の事故などによって足腰、身体に不自由が生じる。
  • 高齢により、筋力などが低下し歩行困難、または身体が不自由になる。

動物介護資格を学ぶことによって、いずれ訪れるペットの老後や、想定外の事故や病気に備えられるので、就職の為ではなく自分のペットのケアの為に学ぶ方もいます。

いずれ直面する問題なので、犬猫を飼育している方は特に学ぶべき事なのです。

動物介護資格について体系的な知識を得ることによって、どの様な事態に直面しても役立てられるようになるでしょう。

人と同じように食事やボケ対策が必要

ペットの食事

ペットも年老いた時は、歯を失ったり、咀嚼力が弱まったりします。

その時に、健康で若い頃と同じ食事をさせようとしても、食べる事が困難になる場合があります。

年老いたペットに栄養面や食べさせ方など、どの様な工夫をすればよいのか、動物介護資格の勉強を通じて身についていきます。

老犬や介護が必要な犬の食事の特徴

  • 痴ほう症で食べた事を忘れてしまい、また食べたがる
  • 自分で食べられない
  • 食べる量が減る、またはなかなか食べない
  • すぐに吐いてしまう
  • 食事内容が変わらないのに太ってしまう

ペットの痴ほう症

ペットも人間と同じような痴ほう症になる場合があります。

  • きちんとトイレでできていた排泄ができなくなり、所かまわず粗相をする。
  • 方向感覚がわからなくなり、同じ場所をぐるぐる回ってしまう。
  • 飼い主の顔を忘れてしまい、反応しない。
  • 昼夜がわからなくなり、寝ないで吠え続けたりする。
  • 家の中を昼夜関係なく徘徊する

また寝たきりになってしまい、床ずれができてしまう事もあります。

そのような時の対処法も動物介護資格で習得できるのも魅力ですよね。

動物介護資格の講座を選ぶ時の心得

動物介護資格にも種類がある為、自分がどのような目的で資格を取りたいのかによって、

選択肢が変わってきます。その為、講座の選び方も重要となってきます。

動物介護士の資格を取ると活躍できる場所がいくつかあります。

また選ぶ講座によって、取れる資格が変わってきます。

講座の選択ポイント

  • どのような資格がいくつ取れるのか
  • 自分が学びたい内容が含まれているか
  • 資格取得の目的に合った勉強ができるのか
  • 受講料はいくらかかるのか、またその金額に見合った内容か
  • 資格取得後のサポートは充実しているか

動物介護士が活躍できる場所

  • 老犬ホーム
  • 動物病院
  • ペットホテル
  • ペットシッター
  • 動物保護施設・愛護団体
  • ペットサロン

動物介護資格の種類

動物介護士は民間資格となる為、いくつかの資格が存在します。

幅広く学べ、資格取得後の就職に役立つ為、特にこの二つの資格がおすすめです。

犬や猫の介護が必要となった時に、犬種などの違いによる介護のポイントや、食事の与え方、また寝たきりになった犬のケアの仕方も学べます。また猫の介護の基本も身につきます。

資格取得後は、介護士やアドバイザーとして活躍できます。

犬や猫の基本的な介護を学べ、その知識を有している証明となります。

更に資格取得後は、ペット介護インストラクターとしてカルチャーセンターや自宅などで活躍する事ができます。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です