取得がゴールじゃない!

行動主義心理アドバイザー資格

行動主義心理アドバイザー資格を学ぶことによって、行動主義と行動心理学などの行動主義心理学に対する知識を得られ、行動から相手の心理状態を理解することや、相手に対し行動を使ってどう感じてもらえるようになるか、適切に考えられるようになります。

行動主義心理学の知識を活用し、コミュニケーションを円滑にするためのアドバイスを行える資格です。

より詳細な内容は資格公式サイトをご確認ください。

人の行動には多くの意味が含まれる

人の行動には全て意味があります。

このように、表現方法はたくさん存在します。

  • うれしい気持ちを表すために笑顔になる
  • 喜びの声をあげる
  • 悲しいことがあれば涙をだす

感情ごとに様々な人の行動が結びつくものの、人の行動にはその人の個性や性格、家庭環境など、たくさんの要因が紐づき、導き出される答えは一つではありません。

このように、人々が表す行動の一つ一つに様々の意味があり、それを読み解ける知識を得るのが、行動主義心理アドバイザーを学ぶことにより得られるものです。

行動と心理が全く関係ないこともある

人の行動と強い結びつきがある心理状態ですが、その行動から生まれる心理を理解しているからといって、全てがわかるわけではありません。

世の中には行動と心理が全く結びつかないケースも存在します。

  • お芝居をしている
  • 性格上の行動、癖
  • 精神的に疾患があるための行動
  • 男女での脳構造の違い

以下のように、行動と心理が結びつかなくなる事象も多く発生します。

  • 行動と心理の結びつきを理解したうえで芝居を行う場合
  • 性格や癖が強くでる場合
  • 精神的に疾患があった場合
  • 男女で脳構造的に違いがある場合

行動心理を過信しすぎず活用しよう

前述した通り、人間の行動と心理は結びつく大枠は存在しながらも絶対性はなく、その大枠は性格や生活環境など、様々な要因からゆらぐことがあります。

人間は生き物であるという理念を忘れずに、人とのコミュニケーションに関して、攻略本をみて攻略できるゲームのように捉えることがないように注意しましょう。

コミュニケーションは人間関係を円滑に築くうえでとても大事な要素の一つで、一度その関係が崩れてしまった場合、修復することはとても難しいのです。

あくまでその人を理解することを第一に、行動心理の知識は人間関係構築の参考として取り扱えるようにできるとよいですね。

他人を理解する手助けになる|コミュ障改善にも?

人間関係を円滑にするために最も大切なことは「他人を理解する」ことです。

そのための手助けとして、人がどんな感情を抱いているかを理解できることは、とても強みとなります。

人とのコミュニケーションが苦手と語る人のなかで挙げられる理由として多いものは、このような理由です。

  • 人見知りである
  • 一人っ子だったから
  • 人と関わると面倒なことが起こった過去があるから

いわゆるコミュニケーション障害、コミュ障と略される存在の人達に共通して言えることは、人が考えていることがわからない、見当もつかない、ことから苦手意識へと変わっていた場合がほとんどです。

行動主義心理アドバイザーでは、人が行う行動から読み取れる心理を読み取ることで、その人がおかれている心理状況を理解する手助けが出来るようになります。

この手助けがあることで、人が抱いている感情を考えるきっかけ作りが可能となり、人とのコミュニケーションを構築することへの苦手意識を無くしていけるのです。

コミュ障によくある行動とは

自他ともにコミュニケーション障害であると考えられる人には、同じような行動をとる人がいます。

  • 心を開いた安心できる相手とは楽しく話せる
  • 2人だけの空間は苦手
  • 空気が読めない発言をしてしまうので輪にいれてもらえなくなる
  • 休日は一人でいたい

このよくある行動から読み取れることは、まず人と話すことは嫌いではないが、よく知った相手に限るということです。

また、相手を理解できていないために、空気が読めない発言をしてしまったり、誰か自分以外の人といることに疲労感を覚えてしまったり、ということです。

もし、どれかに当てはまることがあれば、一人でいたいなどの感情は、自分の性格ではなく相手への理解に、無意識に疲れを感じてしまっているのかもしれません。

コミュ障克服のためにチャレンジしてみよう

コミュニケーション障害は、克服できない病ではありません。以下の内容を試してみましょう。

または、周りにコミュニケーションに疲れを感じているような友人がいたら、ぜひおススメしてあげましょう。

  • 小説をよみあさる

よりたくさんの主人公や登場人物の感情の移り変わりや、感情事の行動の違いをより理解できる教科書となります。

様々なジャンルを読んでみることで、人の行動心理の学びを楽しんでみても良いです。

  • 家族と関わる時間を増やしてみる

普段自分の部屋からあまりでない、出かけないという人は、そんなたくさんの頻度でなくて大丈夫なので、家族と食事をともにしてみたり、おでかけに誘ってみたりしましょう。

他人よりもより緊張感なく、感情を読み取る練習ができるのではないでしょうか。

  • 専門家に相談してみる、専門知識をつけてみる

人の行動心理を理解できるように、専門知識をつけてみることで人とのコミュニケーションの苦手意識を減らしましょう。

または、専門知識を学んでいる時間がないという人は、オンラインの相談会やイベントなどがあるので、行動主義心理アドバイザーなどの専門知識を持ったアドバイザーに相談しにいってみましょう。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です