取得がゴールじゃない!

マインドフルネス資格

マインドフルネス資格では、マインドフルネス瞑想の方法や知識について学んでいきます。この資格を取得することで、瞑想の方法を指導するインストラクターとしても活躍できるようになります。

この記事では、マインドフルネス瞑想の目的や種類、考え方などについて詳しく紹介していきます。

瞑想の目的と指導者の心得

マインドフルネス資格は、その取得のための学習を通じて、過去や未来の不安に囚われなくなり、ストレスを感じづらく心が養われていきます。

それとともに、マインドフルネス瞑想の技術や知識を伝えていくインストラクターとしての基礎がしっかりと身に付けられるの内容です。

瞑想の目的

マインドフルネス瞑想は、過去でも未来でもなく「今この瞬間」に集中することで、過去の苦しみや未来の不安に流されなくなることを目的としています。

マインドフルネスの感覚を知ることで、ストレスの軽減や幸福感の上昇も期待されます。また、一つの感覚に集中する力も身に付くため、集中力のアップにもつながります。

このように、瞑想は人間の心にさまざまな良い影響をもたらします。

指導者の心得

瞑想の指導者として最も大切なことは、生徒の気持ちに寄り添うことです。

生徒が上手くできずに困っていたら共に悩み、生徒が上手くいって喜んでいたら共に喜びます。

人と関わる指導者である以上、コミュニケーションと思いやりの気持ちを持つことが何よりも大切です。

また、瞑想のプロとして人に伝える場合、常に向上し続けることも忘れてはいけません。

技術を磨いていくのは自身のためでもあり、生徒のためでもあります。

教える側であるとともに、学び続ける側の視点も持ち続けることで、生徒の気持ちをより深く理解できます。

それとともに、より確かな技術や知識を持って生徒に教えていけるようになります。

瞑想はとても奥の深い分野です。

それゆえに、「昨日よりもっと極めたい」という明確な向上心を持って取り組む意欲が欠かせません。

ここでは、マインドフルネスを学ぶ人として、そしてそれを他人に指導していく立場として、特に大切な考え方を紹介していきます。

それぞれの瞑想のスタイルを把握・理解すること

瞑想と一言に言っても、そこには数え切れないほどの種類があります。

マインドフルネス資格を取得する場合、さまざまな瞑想のスタイルを把握し、その方法や考え方を理解する必要があります。

ここでは、主なマインドフルネス瞑想のスタイルと概要を紹介します。

呼吸瞑想

こちらは、瞑想の中でも最もメジャーな部類に入ります。楽な姿勢を取り、自身の呼吸に集中します。

呼吸する際の、肺に空気が入っては出ていく感覚を全身で感じ取ります。途中で雑念が湧いてくるかもしれません。

その際には「他のことを考えてしまった」と焦らず、再びゆっくりと呼吸に意識を戻します。

以上の流れを繰り返します。

歩行瞑想

歩行瞑想とは、歩いて行う瞑想のことです。

外を散歩しながら、足の感覚に集中します。

足が地面に付く際の感覚や離れる感覚を、かかとからつま先まで繊細に感じ取ります。

足の感覚一点に意識を集中することが「今この瞬間への集中」につながり、マインドフルネスな感覚を呼び寄せます。

ボディスキャン

まずは力を抜き、全身をリラックスさせます。

立っていても椅子に座っていても構いませんし、仰向けに寝転んでいても構いません。

自然にゆっくりと深呼吸し、軽く目を閉じます。

頭から足裏まで、全身をくまなくスキャンしていくようなイメージを持ってください。

体に感じている痛みや痒み、暖かさといった感覚を出来る限り繊細に感じ取ります。

自身が現在進行形で感じている感覚に集中し、頭の中にある雑念から離れます。

メンタル面の改善のほか、体の痛みを改善する効果も期待されます。

慈悲の瞑想

こちらは、自分や周りの人々の幸せを願う瞑想です。

やり方は簡単です。「私」や「私の親しい人々」、そして「私の嫌いな人々」まで、「この世のすべての人々」が幸せになれるように、と祈りの言葉を唱えます。

こう聞くとスピリチュアルな力に頼る方法に見えますが、しっかりと科学的に証明された瞑想の方法です。

声に出して唱えることで、読んでいるだけだったはずの言葉が「実際に自分が思っていること」であると自身に思い込ませられるようになります。

それによって、この言葉のような慈悲の気持ちが実際に持てるようになるのです。

人間は一人で生きているのではありません。

今、レストランでご飯を食べるとします。

ご飯を作ってくれる人、その材料をレストランまで運んでくれた人、その材料を作ってくれる人など、さまざまな人の苦労によってご飯が食べられます。

自分は多くの人々のおかげで生きている、人は支え合う生き物であると意識することで、他人への感謝が生まれます。

感謝することで思いやりが生まれ、心に余裕が生まれます。

その結果、他人に腹が立ったりすることも少なくなる、というものです。

マインドフルネス資格を取得する近道は、こういった数ある瞑想のスタイルをきちんと把握し、その上で理解することです。

瞑想は自身の心の内と向き合う行為です。それぞれの瞑想が持つ概念を汲み取り、正しく取り組めるようになることが大切です。

不調の原因を早めに見つけ出すのが大切

マインドフルネス瞑想を行うことで、体や心の不調が見えてきます。

先ほど紹介した瞑想の一つ「ボディスキャン瞑想」は、体に意識を巡らせることで心身の不調に気づくきっかけにもなります。

瞑想を行う中で自分とゆっくり向き合い、まずは自身の不調を見つけ出します。

見つけたら、それを深呼吸で吐き出すイメージを行なっていきます。

息をゆっくりと吸い、綺麗な空気が不調の部分に届いていくのを想像します。

その後息をゆっくりと吐き、空気とともに悪い感覚が出ていくのをイメージします。

想像の力というのは偉大で、何回か続けているうちに不思議と悪いものが抜けていく感覚を味わえるはずです。

根本的な原因に気づくのが最優先

マインドフルネス瞑想を行うことは、ストレスの解消につながります。

現代を生きる多くの人々は、さまざまな悩みや不安を感じています。しかし悪い感情に悩まされる多くの人々が、その根本的な原因に気づいていません

マインドフルネス瞑想は、今現在の自身と向き合う行為です。

過去や未来のしがらみに流されるのではなく、今この瞬間の自分に落ち着いて向き合うことで、「なぜこんなにも悩んでいるのか」といったことに気づけるようになります。

漠然とした不安から離れ、その根本を知れるのがマインドフルネス瞑想です。

この記事では、マインドフルネス瞑想の目的や種類、およびその大切さについて紹介しました。

マインドフルネス瞑想のメリットについてまとめると、以下のようになります。

  • 現在の自分自身と向き合う術を学ぶことで、過去や未来の杞憂に振り回されることがなくなる
  • 現在感じている感覚に集中するため、集中力の上昇が期待される
  • 自身の身体に感覚を研ぎ澄ますことで、体や心の不調に気付ける

マインドフルネス資格としては、以下の2つの資格がおすすめです。

マインドフルネス瞑想の方法や考え方を学び、セラピストとしても活躍できる資格です。

瞑想を実践しながら理解を深め、その指導法についても学んでいく資格です。

この資格を取得することで、自身のストレス解消にもつなげられるとともに、その技術を他の人に伝えていくこともできます。

この記事を参考に、ぜひマインドフルネスな感覚を学んでみてください。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です