取得がゴールじゃない!

行動心理資格

人間心理学を基礎とした人間の行動心理を、しぐさや男女の意識差、環境要因などが人へ与える影響など様々な視点から考え、理解し、適切なメンタルケアが判断できる能力を持っていることを証明する資格です。

行動心理でお互いのことをもっと理解できる

人はそれぞれ人格をもち、性格があります。相手の思っていることや感じていること、それを正確に理解するのはとても難しいものがあり、対人関係を深く築きあげていくなかで、やっとみえてくることがあります。

人は恐怖や不安喜びや悲しみ怒りや憎悪など感情を細かく有した生き物です。

その感情を表情や行動で表現されます。その表現から相手の行動心理を読み解くことで、言葉で語りあうこと以外に、相手が感じている感情をよみとれ、コミュニケーションをより円滑に、自信をもって対応できるようになります。

人には「嘘をつくときに斜め上をみる」であったり、「あせっているときに瞬きが多くなる」であったり、分析されているだけでも同一パターンの「行動の意味と仕草が紐づく行為」があるとされていることも有名なお話です。

行動心理の理解を深めることで、人間関係が向上し、友人・家族との関係が上手くいくだけでなく、恋人ができたり、仲が深まったりするきっかけにもなりえるのです。

自分の気持ちを伝えやすくなる

行動心理を学ぶことで、相手の気持ちを少しでも理解できるようになり、コミュニケーションに自信がつき、自分の気持ちを伝えられるようになります。

自分の気持ちをしっかりと伝えられることで、友人が増え、無駄な誤解が生まれず、自分を理解してもらえることで、自分自身過ごしやすい環境を作り上げられるようになります。

また、相手の気持ちがわかるからこそ無理に言葉で伝えるだけでなく、表現や行動で伝えるという手法が選べることになります。

コミュニケーション相手も、理解がしやすいことで警戒心が和らぎ、うち解けるスピードも早くなることでしょう。

相手の本心を読み取れるようになる

人は本音と建て前というものが存在する生き物であり、このようなことが気になり、相手との距離感をつめきれなかったり、相手を信頼することが難しくなったりする事象をよく聞きます。

  • 本当はどう思っているのだろうか?
  • 自分はどのようにみられているのだろうか? 

それは年齢を問わず、環境問わず、いつ誰に対しても同じことが言えるでしょう。

そんな中で、行動心理を理解できていると、相手の行動に対していち早く本心を読み取れ、相手への信頼を強められるのです。

また本心を読み取ることで、相手に寄り添えるようになり、必要とされているサポートを適切なタイミングで取り入れられるため、相手からの信頼も強まり、人間関係を強固にしていけるのです。

自分に有利な立場で関係構築できるかも

行動心理とは誰しもが知っているような知識ではありません。

行動心理資格をとることで、環境が人に与えている影響と行動心理を結びつけることで、初めて導きだせる答えもあるのです。

行動心理をうまく使うことによって、自分に有利な立場での関係構築が可能となります。

相手の行動から感情や状態を読み取れることで、相手からは信頼を勝ち取り、会社では必要とされていることを先回りして準備し、寄り添えることで上司や客先からの信頼や期待を得られるのです。

また、自分を理解してもらえることで、相手に合わせすぎた気を使った生き方や、無理な行動も減るため、ストレスを抱えることなく毎日を過ごせるようになります。

行動理解は人間関係の向上から、自分の地位の確立、ストレスの緩和まですべてを通してメリットのある内容へとつながっていくのです。

行動心理資格を学ぶ意義

行動心理学を学ぶことで、悩みを抱えた人の助けを与えられ、相手を傷つることがない人生を歩めるようになります。

人のためにできるスキルアップとして、行動心理資格を取得することはとても有意義なことであるといえます。

人の感じている本心感情が、行動から読み取れるようになると、人とのコミュニケーションに抵抗感を感じることなく、外向的な性格すら身につけられるかもしれません。

行動心理系のカウンセラーとなり、自分の生きやすい生き方を手に入れましょう。

行動心理資格としておすすめな資格

行動心理資格として、行動から心理状態を読み取れることへのメリットをご紹介してまいりましたが、その行動心理資格のなかでもおすすめな資格が2つあります。

手先の動きや表情の動きなど、人が何気なく行動する様々な動きから相手の感情を読み解くことでコミュニケーションを円滑にする手法や、行動心理に紐づく様々な悩みの発見と解決方法をアドバイスできる資格です。

人がする行動を行動心理の観点から読み解き、相手を理解するのみならず自分の行動から相手にどのように理解されたいかまで考え、仕事や日常を自分自身に有利にもっていくことができるようにアドバイスを行うことができる資格です。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です