取得がゴールじゃない!

瞑想インストラクター

瞑想インストラクター資格は、瞑想を実践しながら理解を深め、その指導法についても学んでいく資格です。これを学ぶことで、瞑想の基礎や瞑想指導者としての在り方を他の方に受け継ぐ、瞑想インストラクターになれるのです。

当記事では、瞑想インストラクターとして覚えておくべき瞑想への向き合い方、および正しい瞑想の指導法について紹介していきます。

より詳細な内容を知りたい場合は、資格公式サイトも合わせてご確認ください。 

実践的に瞑想を学んでもらうために

生徒の方々が実践的に瞑想を学ぶ鍵は、インストラクター自身の経験にあります。

瞑想インストラクターになるためには、数々の瞑想経験が必要です。

なぜなら、インストラクターとして指導を行う際は、自身が行う瞑想、および瞑想を学んできた背景を生徒に伝えることが重要となるためです。

生徒の方々は、インストラクター自身が感じてきたリアルな体験を知ることで、瞑想に対する向き合い方をイメージ出来るようになりなります

瞑想を他人に伝える際には、まず自身の中で瞑想どういったものかを深く知っておく必要があります。

以下の項目では、瞑想に対する正しい認識、およびインストラクターとしての指導のコツについて紹介します。

神秘性とオカルトを一緒にしないこと

瞑想はその考え方が複雑であるがゆえに、人によっては超自然的なものだと思っている方もいるかもしれません。

「宇宙」などの壮大な言葉が出てくることから、怪しいという印象を持たれてしまうこともあります。

しかし、瞑想はオカルトとは違います。

瞑想のノウハウで見られる「宇宙とつながる」のといった言葉は、超常現象としての意味合いではなく、あくまでも瞑想状態へスムーズに入るための意識のイメージです

インストラクターとして生徒に教える場合は、瞑想が持つ神秘性も伝えていくことになります。

しかし瞑想でスピリチュアルのイメージを利用する際には、必ず生徒の方々に正しい認識を伝えるよう意識してください。

それだけでも、生徒さんの瞑想との向き合い方は大きく変わってきます。

心の乱れと気の乱れの見つけ方

瞑想には、自身が無意識で感じている心の乱れ具現化して見つけ出す力があります。

今この瞬間の自身の状態を全身で感じることで、心身の些細な違和感に気づけるようになるためです。

しかし、こういった気付きは始めたばかりの方にとっては難しいもの。

そのような時には、インストラクターの方が「気づき」へ優しく導いてあげることが大切です。

瞑想は今や世界中でその効果が認められており、インターネットや書籍を通して気軽に学べるものとなっています。

しかしプロのインストラクターがそばにいて指導してくれるのは、上記にはない大きなメリットです。

インストラクターとなった際には、生徒のことを思い一人一人と真剣に向き合うことが必要となります。

相手が抱えている心の乱れに気づき、その解消へと導いてあげることが講師として何よりも大切です。

初めての人でも分かりやすい伝え方を

瞑想は心身ともに自分を癒してくれる行為ですが、始めたばかりの人にとってはそう簡単にできるものではありません。

特に初めの方は、雑念が浮かんできては「自分は全然集中できていない」などと感じ、焦ってしまうことも多々あります。

上手くできなくても焦らないよう伝える

瞑想インストラクターの方がすべきことは、瞑想に不慣れな方を落ち着かせ、「焦る必要はない」と教えてあげることです。

瞑想に最も大切なことは、リラックスすることです。焦ったり、自分を責めたりしながら行う瞑想は決してうまくいきません。

瞑想の行う中でやってはいけないことの一つとして、自分を評価するというものがあります。

これは、「今の自分は集中できていないから駄目だ」などと自分を評価してはいけない、という意味です。

瞑想を行う中では、「良い」「悪い」といった概念はありません

そういった点を踏まえながら、生徒の方に瞑想の楽しさ・自由さを伝えていくことが大切です。

分かりやすい伝え方

瞑想は心の中で行う行為であるため、その解説はどうしても抽象的なものになりがちです。

初心者の方は、瞑想の概念が理解できないことも多くあります。

瞑想インストラクターとして大切なことは、自身の言葉でできる限りわかりやすく瞑想の方法を伝えることです。

瞑想を行うときのイメージは、人によって違うことも多くあります。

また、人によってどのような形のイメージがしっくりくるかも変わってきます。

インストラクターの方は、学んだ瞑想の概念を自分なりに噛み砕き、よりわかりやすく伝えることを意識する必要があります。

また、さまざまな伝え方を試し、相談者の方に最もマッチするイメージを見つけ出すのも効果的であると言えます。

瞑想は初めの概念を理解してもらう過程が最も困難です。

相談者それぞれに合った考え方を、本人とともにゆっくり見つけていきましょう。

ここでは、瞑想インストラクターとして仕事を行っていく上で大事なことを紹介してきました。

この仕事を行っていく上では、下記の項目を念頭に置いておくことが大切となります。

  • インストラクター自身の瞑想経験を生徒に伝えることで、瞑想のイメージを生徒が掴みやすくなることを目指す
  • 瞑想に利用するスピリチュアルなイメージをオカルトと履き違えないよう意識し、生徒にも正しい認識を持ってもらう
  • 生徒と正しく向き合い、相手の心の乱れを見つける
  • 相談者の心に寄り添い、伝わりやすい瞑想のイメージを模索していく

この記事を参考に、瞑想インストラクター資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です