取得がゴールじゃない!

子ども心理カウンセラー資格

子ども心理カウンセラー資格は、子どもの精神的発達を学ぶことで子どもが成長するうえで関わる人格の形成や性格の形成、悩みや課題を行動や表情などをもとに理解し、家族や本人に寄り添ったカウンセリングや、適切なアドバイスや助言ができる知識と技術をもつことを証明する資格です。

上から目線や決めつけは子どもにも嫌われる

子どもは日々急速に成長していきます。様々な事象をスポンジのように吸収し、一人の人間として形成されていくのです。

子どもと接する際に、つい子ども扱いをしてしまうことがあります。

また、大人として見本でなければならない意識が先行してしまい、上から目線の態度をとってしまい、子どもの反感をかってしまうことがよくみられます。

子どもの日々の行動から、その子がとった行動に対して、勝手に「いつもこうなんだから、こうだったんだろう。」「こんな子だからしょうがない」という決めつけをしてしまい、叱ってしまうこともあるでしょう。

さらに落胆してしまったり、過度な期待を寄せすぎてしまったりということも生じえます。

それは全て大人の固まった固定観念であり、子どもを一人の人格者として考えることが無意識にできていない結果のあらわれでもあります。

子どもは、子どもといえどそれぞれ個性があり、意思がある個人です。

決めつけや上からの傲慢な態度は子どもとの間に壁がうまれ、理解しあうことの障害となりえます。

分かったつもりで決めつけると反抗される

子どもを理解しようと思い行動した結果、分かったつもりになってしまうことがよくあります。子どもは表現力も語彙力も、全てが発達途中の段階です。

本当にその子どもが伝えたかった事や理解してもらいたかったことは、他にある可能性があることを、常に頭のなかにおいて接する必要があります。

表面上の態度や言葉、その子どもの個性だけで分かったつもりになり、決めつけて話を進めようとすると時に反抗され、心を閉ざされてしまうこともあるのです。

子どもたちが抱く感情や、感情から起こる行動全てに決まったパターンはなく、一挙一動の行動心理をよく理解したうえで寄り添っていくことが大切です。

あくまでチャイルドケアは提案から

子ども一人ひとりの心理を理解し、ケアを行うためにチャイルドケアが存在します。

チャイルドケアとは、別名「命のケア」とも呼べる、自然療法を子育てに組み合わせることをさします。

子どもだけでなく、母親自身もアロマベビーマッサージなどを取り入れ、親子の触れ合いから、身心を整えリラックスさせていくという方法もあります。

チャイルドケアは自然療法でもあるので、無理な提案をしたり、課題にしたりするものではありません。

あくまで親子の関係性や、子どもが抱えている悩み、精神状態を理解したうえで提案していきましょう。

子どもの自発性も育てられるように

子どもの豊かな感性を育て、また自分から物事に挑戦したり、表現したり、何かを学ぼうとする自発性を育てていくこともチャイルドケアの一種です。

子ども心理カウンセラー資格で、子どもの精神状態の移り変わりや、子どもが持つ特性行動に対しての意味合いなどへの理解を深めることで、子どもたちに挑戦させるタイミングや、考えさせるきっかけを適切なタイミングで与えられるのです。

公園で遊んでいるときや、初めて友達ができたとき、日常の中の全てに自発性を育てるタイミングは存在します。

しかし、それと同時に危険間違った行動をとってしまう可能性も多数存在します。

しっかりとタイミングを見極め、自発性を育める環境を整えてあげられる知識は、子どもの成長にとって、身体的にも心理的にも大きな影響を及ぼすのです。

自発性をもった子どもは将来、挑戦することを恐れず、感情を自分なりに表現し、また相手の気持ちを自分なりに考え、相手を思いやった行動につなげられるのです。

子どもの自発性は体の成長や人格の形成と同じくらい大切な要素となります。

子ども心理カウンセラーの仕事

子ども心理カウンセラーの仕事場の多くが学校の相談員や、児童相談所学童保育や時に病院の小児科児童福祉施設児童養護施設などがあります。

このように子どもが関わる場所がほとんどで、例外として育児に悩みを抱える親のフォローなどの仕事が存在します。

子ども心理カウンセラーは、子どもの心理に関わるプロフェッショナルとして相談役となります。

また、相談を受け付けるだけではなく、日々子どもたちをチェックし、SOSを出している子どもがいないかを細かに確認し、いち早く察知することで子どもたちの適切な成長のサポートをしていきます。

また、子ども心理カウンセラー資格を専門とした仕事だけでなく、資格を活かした仕事として学校の先生や、学童保育の先生塾の先生習い事を教える先生など、子ども心理の知識をもつことで有利に働ける職業も存在します。

変わった例として、最近では企業の子育てサポーターの職業なども現れ始めました。

専用の個室を用意して悩みを聞いたり、電話やメールなどで悩みや課題を受け付け、適切な対応法を伝えたりする仕事です。

講演活動や、執筆などをしてより多くの人々に子ども心理を伝えていく道を選んだ人もいます。

このように働き方は様々ですが、全て子ども心理という専門的分野を理解することで、一人の人生を豊かにするサポートや、困って悩みを抱えてしまっている人の支えになれる素敵な資格です。

是非自分のライフワークの一つの成長として取得してみることをオススメします。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です